2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
262/484

SCU病棟長小林美由紀1.ビジョン急性期脳卒中患者の身体面・機能面を評価し、患者の病態予測・治療中の合併症予防を行う。また、問題なく治療を行えた上でリハビリテーションが実施でき、全身状態の管理ができる病棟にする。2.サービス内容・脳卒中患者の治療・看護を行い異常の早期発見・早期リハビリテーションへつなげている。・神経内科疾患の呼吸器管理や重症患者の治療・看護を行い集中管理を行っている。・開頭術後の管理・看護を行い集中管理を行っている。・t-PA後・CAS後の専門的治療の管理・看護を行っている。・チームカンファレンス実施し早期に目標設定を行いチーム医療の提供を行っている。〈主な入院疾患〉脳梗塞・一過性脳虚血発作・脳出血・くも膜下出血・血管内治療後(血栓溶解術・CASなど)・術後(未破裂動脈瘤・腫瘍摘出など)・痙攣重積発作3.提供体制〈勤務体勢〉2交代勤務体制(夜勤4名)日勤:8:30〜17:15夜勤:17:00〜8:45〈看護体制〉3:1看護週間予定月曜日火曜日水曜日木曜日脳神経外科カンファレンス金曜日神経内科カンファレンス・NSTラウンド土曜日日曜日4.スタッフ構成病棟長:1名病棟看護責任者:1名看護師:19名(パート看護師含む)(資格)院外資格保有者数:・AHABLS4名・ICLS3名・ISLS2名6.相澤病院―252―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です