2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
256/484

5S病棟病棟長宮島誠1.ビジョン「入院患者の安全担保と患者・家族にとって安心できる退院に結びつけるために、チーム医療の協働で支援介入および環境調整を速やかに実践し退院後療養生活を早期に実現させる。」〜患者が入院から退院するまでの疾患回復に対する支援介入と退院時に必要となる療養生活環境(疾患の理解、ADL、自己管理能力、サポート体制)の個別情報を把握して、科学的評価に基づき多職種が協働して支援介入および環境調整の提供に努める〜2.サービス内容病院規程、看護管理基準、看護実践基準及び看護業務基準に従い、看護師職能要件と看護手順を遵守し看護の提供を行っている。5S病棟は、心臓病大動脈センターとして循環器内科と心臓血管外科からなる病棟であり、心臓病疾患・血管疾患患者の看護実践を主に行っている。病棟に配置される看護師は、入院する患者に対し特に、循環器領域の基本的な看護・心臓カテーテル検査前後の看護・ペースメーカー植込み術前後の看護・周術期(手術前後)看護を理解して科学的根拠に基づいた看護実践を安全・確実に提供している。また、退院時に必要となる療養生活環境の個別情報を把握して、科学的評価に基づき多職種と協働して支援介入および環境調整の提供に努めている。3.提供体制〈対象〉・病床数:53床・対象疾患:狭心症、急性心筋梗塞、心筋症、完全房室ブロック、急性・慢性心不全、不整脈、洞不全症候群、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、胸腹部大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症、弁膜症など〈入院〉・24時間365日・7:1看護・看護2チーム制・チームナーシング+機能別看護・看護師2交代勤務体制(夜勤:4名)日勤:8:30〜17:15と8:30〜17:45および遅出(変則的):14:00〜20:00夜勤:17:00〜8:404.スタッフ構成〈5S病棟関係職員構成〉・循環器内科医師6名・心臓血管外科医師2名・病棟長1名・病棟看護責任者1名・看護師30名・准看護師1名・生活および病棟看護支援アシスタント(担当)2名6.相澤病院―246―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です