2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
238/484

日々の実践の中での評価を行い、必要時具体策を修正する。・実施した看護(到達目標、看護計画、具体策)の評価を実施する。到達目標を達成できなかった患者に対しては、看護ケアカンファレンスで到達目標、看護計画、具体策の達成度、妥当性を評価し、到達目標、看護計画、具体策の修正を行う。・入院前の生活環境に戻るための問題点および入院中に発生する生活障害を予測し、立案された看護計画以外の問題点を看護ケアカンファレンスで検討し、必要時、看護計画を立案する。③医療チームで目標を設定し、多職種が協働して退院支援を行う。・患者・家族の退院に対する思いを聴いた上で、入院後4日以内にチームカンファレンスを開催し、その情報を基に医療チームでの目標を設定し、看護職と他職種が協働して退院支援をしていく。・多職種合同のチームカンファレンスを継続的に開催し、目標に対しての進捗状況、退院目標の評価、是正を行い、情報を共有し継続していくことでチーム医療を提供する。④患者・家族にチームカンファレンスで設定した目標、看護ケア内容について説明し、同意を得て実施する。2.サービス内容3A病棟は、泌尿器科、形成外科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、眼科の外科系の混合病棟である。クリニカルパスを使用し、短期間で検査・治療を行い退院を迎える患者が多い。クリニカルパスに沿った術後管理と、退院後の生活指導を行っている。また抗癌剤治療の管理、その後のターミナルケアも行っている。主な疾患〈泌尿器科〉尿路結石症前立腺の悪性腫瘍膀胱腫瘍水腎症腎盂・尿管の悪性腫瘍〈形成外科〉蜂窩織炎顔面骨折皮膚の良性新生物四肢外傷(熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃熱など)挫滅損傷開放創糖尿病性壊疽〈耳鼻咽喉科〉慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫慢性副鼻腔炎急性扁桃炎、急性咽頭炎前庭機能障害扁桃周囲腫瘍声帯ポリープ、結節扁桃、アデノイドの慢性疾患〈歯科口腔外科〉顔面損傷口腔炎口腔、咽頭の腫瘍大唾液腺の良性腫瘍〈眼科〉白内障水晶体の疾患黄斑変性網膜剥離糖尿病性増殖性網膜症3.提供体制医師:24時間365日体制(夜間オンコール)看護師:固定チームナーシング(2チーム)二交替勤務(夜勤2名)8:30〜17:15、17:00〜8:45遅番勤務:13:20〜22:00病棟看護支援:365日体制7:00〜15:40、10:30〜19:10病棟事務:8:30〜17:106.相澤病院―228―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です