2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
233/484

2C病棟・HCU病棟長前山健人1.ビジョン傷病の発生後間もない患者や傷病の診断後の治療を必要とする患者、および慢性疾患治療中に急性憎悪した患者等に対して、速やかに収容し迅速かつ安全、安楽に治療を開始する。できるだけ短期間で治癒あるいは安定した状態となるために、一定期間集中的に専門スタッフが各々の専門性を十分に発揮して協働するチーム医療を提供する。2.サービス内容一般病床8床、ハイケアユニット8床、救命救急治療室4床で構成されている。主な役割としては、①救命救急センターからの緊急入院患者の収容と対応②集中治療室で集中治療が終了したが、依然として集中管理が必要な患者への対応③一般病棟で全身状態が悪化した患者の収容と対応、がある。また、緊急入院患者を効果的に収容し、速やかに安全で適切な治療介入することにより、早期に一般病棟での加療が可能な状態にする役割を担っている、そのためには、患者の状態を迅速に捉え、適切に判断し迅速に対応している。また、緊急入院した患者とその家族の不安言動や表情をいち早く把握し、少しでも不安の軽減につながる関わりをしている。3.提供体制・救命救急治療室(259)4床4対1看護体制・ハイケアユニット(260261)8床4対1看護体制・一般病床(251号室から258号室)8床7対1看護体制4.スタッフ構成・病棟長(1名)・病棟看護責任者(1名)・看護師(28名パート看護師含む)・病棟看護支援部門(ICUと兼務)・入院医療事務課(病棟クラーク1名)(資格)院外資格・AHABLSinstructor(2名)・日本DMAT隊員(1名)・JPTEC(1名)・ICLSinstructor(2名)院内資格・看護技術リードインストラクター(1名)・看護技術インストラクター(1名)・看護技術トレーナー(9名)・相澤DMAT隊員(1名)5.主要設備・機器・生命蘇生装置人工呼吸器servo-i6.相澤病院―223―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です