2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
214/484

(放射線機器は、放射線技術科に記載)6.実績CT読影33,574件、MRI読影8,723件、単純X線読影13件、登録医から依頼のCTフィルム読影182件、緊急血管造影および血管内治療20件、CTガイド下ドレナージ等非血管IVR14件【放射線技術科】1.ビジョン三次医療機関として高度な医療技術を提供するために、いつでもいち早く検査・血管内治療の開始ができ、高度な依頼に対しても目的に適した画像情報を提供する。また、放射線被ばくなどの負担を最小限にとどめ、患者さんに優しい検査を行う。2.サービス内容単純写真やCT、透視、血管造影といったX線を使った画像診断全般とMRI検査を行っている。救急指定病院としての機能を最大限発揮するため、夜勤とシフト勤務による人員配置によりCT・MRI・血管撮影装置は常時受入れを可能とし24時間対応の救急体制を行っている。また、放射線検査業務に加え、健康センター・ポジトロン断層撮影センターへのサポートも行っている。放射線管理区域内で作業する職員、一時立ち入り者に対して放射線障害の発生を防止するため院内教育、個人被ばく線量管理、X線防護衣の管理を行っている。3.提供体制放射線画像撮影とMRI:24時間365日診療放射線技師部門:2交替制日勤者8:30〜17:10待機者1名10:30〜19:10夜勤者2名16:40〜9:004.スタッフ構成科長(1)主任(2)合計(3)診療放射線技師32診療放射線技師パート2合計34*()内の数値は兼務者の人数(資格)院外資格保有者数:・第1種放射線取扱主任者2名・放射線機器管理士1名・肺がんCT健診認定技師3名・X線CT認定技師3名・医療情報技師2名・インターベンション専門診療放射線技師1名・精度管理中央委員会検診マンモグラフィー撮影認定技師4名・救急撮影認定技師3名・AHA-11名・ACLS1名6.相澤病院―204―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です