2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
207/484

リハビリテーション提供量4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月単位14,49614,76415,37116,19213,84214,30614,44613,98913,25014,46113,56514,870摂食246449339472349343322279331290331478※単位:疾患別リハ単位数(1単位20分相当)※摂食:摂食機能療法(1件30分相当)7.学術・研修(学会発表)山中愛子,鵜飼正二,大塚功.脳卒中ケアユニットのリハ実施量増加による運動機能,ADL,合併症予防に対する効果検証.名古屋国際会議場,2013年5月24日,愛知県,名古屋市村山幸照,貝梅由恵.コルサコフ症候群患者の症例検討から得た効果的なメモリーノート活用練習の一考.第47回日本作業療法学会,2013年6月28日,大阪府大阪市,大阪国際会議場貝梅由恵,村山幸照.当院のセラピストに対する教育の取り組み.第47回日本作業療法学会,2013年6月28日,大阪府大阪市,大阪国際会議場新江万里江,古木ひとみ,原田真知子,輿亮子.右半球損傷による高次脳機能障害の経過ならびに就労支援に向けた今後の課題.第15回日本言語聴覚学会,2013年6月28〜29日,北海道札幌市,さっぽろ芸術文化の館原田真知子,古木ひとみ,塚原千恵,堀内寛之,原寛美.頭部外傷により流暢性タイプの失語症を呈したと考えられた継続バイリンガルの一例第39回日本コミュニケーション障害学会,2013年7月20〜21日,東京都千代田区,上智大学四谷キャンパス萱津愛,並木幸司,原寬美.2回のNEURO-15実施により手指巧緻動作の改善を得られた症例報告.第4回stimulationtherapy研究会,2013年8月24〜25日,東京都港区,東京慈恵会医科大学高橋祐司,村山幸照.ウイルス性脳炎によりせん妄を呈した症例への復職支援.第11回日本臨床医療福祉学会,2013年8月30〜31日,長野県松本市,ホテルブエナビスタ塚原千恵,村山幸照.神経心理検査実施による障害像の把握により効果的に自発性・病識の改善が得られた一例.第11回日本臨床医療福祉学会,2013年8月30〜31日,長野県松本市,ホテルブエナビスタ古木ひとみ,原田真知子,田中絵梨奈,矢野目英樹,川嶋七絵,川井千穂,波田野めぐみ.病棟配置管理栄養士との連携急性期脳卒中の摂食嚥下障害における経鼻経管栄養からの離脱第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学術大会,2013年9月22日〜23日,岡山県倉敷市,川崎医療福祉大学田中絵梨奈,古木ひとみ,原田真知子,橋本隆男.橋中心髄鞘崩壊症により重度の嚥下障害を呈した一例.第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学術大会,2013年9月22日〜23日,岡山県倉敷市,川崎医療福祉大学貝梅由恵,塚原千恵.キュアの限界を超えた作業療法.スピリチュアル研究会第7回学術研究大会,2013年10月13日,京都府東山区,知恩院高井美緒.施設退院後も離床支援と嚥下訓練を継続し,病院での嚥下評価を通して経鼻経管栄養離脱可能となった症例.リハビリテーションケア合同研究大会千葉2013,2013年11月22日〜23日,千葉県千葉市,幕張メッセ国際会議場猪飼友里.くも膜下出血により人工呼吸器管理となり,抜管後,発声発語獲得に至った症例.6.相澤病院―197―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です