2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
204/484

7.学術・研修(学会発表)北澤和夫.未破裂前交通動脈瘤に対するInterhemisphericapproach.第1回NeurosurgerySymposiuminShinshu,2013年6月29日,長野県松本市北澤和夫.パネルディスカッション第1信州脳塞栓症治療研究会,2013年7月5日,長野県松本市,信州大学北澤和夫.脳梗塞の新しい治療.松本薬剤師会保険調剤セミナー,2014年7月9日,長野県松本市北澤和夫.相澤病院脳卒中センターの現状報告〜脳卒中データバンクの解析から〜.第9回松本広域脳卒中・脳疾患研究会,2014年7月17日,長野県松本市八子武裕,佐々木哲郎,百瀬篤.これは便利,高リスク外来.第9回松本広域脳卒中・脳疾患研究会,2014年7月17日,長野県松本市八子武裕,北澤和夫,小林秀企,小林茂昭,佐々木哲郎,佐藤大輔.静脈洞が関与しない硬膜動静脈瘻による小脳出血の一例.第42回日本脳卒中の外科学会総会,2013年4月23日,東京高輪八子武裕,北澤和夫,村田貴弘,小林茂昭,佐々木哲郎,佐藤大輔.当院における破裂IC----dorsalʼ(内頸動脈前壁)動脈瘤の治療成績.第72回日本脳神経外科学会総会,2013年10月17日,神奈川県横浜市村田貴弘,DietrichHH,DaceyRGJr.脳細動脈におけるG蛋白共役型エストロゲン受容体作動薬の血管運動作用と血管保護作用.第25回日本脳循環代謝学会総会,2013年11月2日,北海道札幌市TakahiroMurata,HansH.Dietrich,TetsuyoshiHoriuchi,KazuhiroHongo,RalphG.Dacey,Jr.GPER1agonistimprovescerebralmicrovascularfunctionafterhypoxia/reoxygenationinjuryinmaleandfemalerats.ExperimentalBiology2013,2013年4月21日,BostonUSA(講演)北澤和夫.市民のための医療・介護・福祉講座「脳梗塞の正しい治療」2013年10月27日,長野県安曇市,飯田公民館北澤和夫.まつもとシニアカレッジ「脳梗塞の新しい治療」2013年11月4日,長野県松本市,松本大学北澤和夫.市民のための医療・介護・福祉講座「脳卒中と予防体操」2014年2月13日,長野県安曇市,楡区公民館北澤和夫.脳梗塞の話「こんにちはドクター」2014年3月16日,SBCラジオ八子武裕.北アルプス広域救急隊講義「身体診察で推測する病態」2013年9月19日,長野県大町市【脳卒中・脳神経リハセンター】1.ビジョンリハセラピストが生活障害を有する脳卒中患者の根拠に基づいた予後予測行うことで、担当医主導のカンファレンスにおいて、発症1〜2週で転帰先が決定する早期退院システムを運用している。2.サービス内容対象・リハビリテーション科・脳神経外科・神経内科に入院されている脳卒中・頭部外傷・パーキンソン病などの神経難病や廃用症候群の患者6.相澤病院―194―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です