2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
200/484

り常勤1名となった。2009年4月より佐藤宏匡専門研修医が加わり再び2名体制となった。2011年4月より道傳整専門研修医が常勤に加わった。同時期から佐藤医師が国立精神・神経医療研究センターに1年間の予定で研修出向。2012年4月より相澤病院内勤務に戻った。パートの笹原悦子医師は2012年4月以後、専門外来を担当しなくなった。スタッフ構成統括医長橋本隆男1982年信州大学卒日本内科学会専門医日本神経学会専門医・代議員日本臨床神経生理学会評議員日本ニューロモデュレーション学会評議員日本認知症学会専門医日本てんかん学会評議員医師道傳整2005年筑波大学医学部卒日本神経学会専門医日本脳卒中学会専門医2007年聖霊浜松病院卒後臨床研修終了2011年より相澤病院神経内科2014年信州大学脳神経内科・リウマチ膠原病科へ国内留学医師佐藤宏匡2007年宮崎大学医学部卒日本神経学会専門医2009年相澤病院卒後臨床研修終了2009年より相澤病院神経内科2013年国立精神・神経医療研究センター後期研修レジデント専門研修医磯部隆2009年帝京大学医学部卒2011年山梨県立中央病院卒後臨床研修終了2014年より相澤病院神経内科2014年国立精神・神経医療研究センターへ国内留学パート医師笹原悦子1998年富山大学医学部卒神経内科専門医5.実績2013年度神経内科4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計入院患者数1458136512241131128612219441144119110841126109614270外来患者数40538440442641033845039834037935738346746.学術・研修(原著)日本語1.道傳整,橋本隆男.対側線条体にT1強調画像高信号および穿通枝梗塞を認めた非糖尿病性片側舞踏病の1例.脳卒中2013;35:453-456英文1.HashimotoT,NaitoK.Acutelumbosacraltransversemyelitis.JClinNeurosci2013;20:1788-17906.相澤病院―190―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です