2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
198/484

5.主要設備・機器・SCUユニット・5A・5B病棟・高気圧酸素治療室生体監視装置・手術用顕微鏡オリンパス等6.実績01002003004005006007002007200820092010201120122013【高気圧酸素治療センター】1.ビジョン高気圧酸素治療の確実で安全な提供を、365日体制で行うために、医師・担当スタッフの育成と運営システムを再構築し、運営していく。2.サービス内容高気圧酸素治療3.提供体制高気圧酸素治療通常:月曜から金曜日9時から17時可能な件数4件土日・休日:要相談緊急:急性一酸化炭素中毒などに対して、24時間365日対応4.スタッフ構成高気圧酸素治療専門医:1名日本高気圧環境・潜水医学会所属医師:2名臨床高気圧酸素治療操作技師:1名高気圧酸素治療担当臨床工学技士:11名5.主要設備・機器高気圧酸素治療装置1台生体監視モニター1台6.実績①症例件数腸閉塞18例、一酸化炭素中毒9例、骨髄炎8例、脳塞栓症4例、膀胱炎3例、脳梗塞2例、動脈閉塞2例、脳浮腫1例、感染1例腸管気腫1例、化膿性筋炎1例、ガス壊疽1例、筋膿瘍1例、循環障害1例、関節炎1例6.相澤病院―188―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です