2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
192/484

・鎮静資格4名・CVC認定医資格3名5.主要設備・機器主要設備:・内視鏡センター・透視室主要機器:・気管支鏡・EBUSによる気管支鏡6.実績気管支鏡件数2011年度2012年度2013年度(見込み)検査件数6166100処置件数695【消化器内視鏡センター】1.ビジョン医療のアウトカムとプロセスの両面から多面的に評価するシステムを構築して実施する。2.サービス内容2000年4月内視鏡センターとして開設内視鏡センターで扱っている主な検査・手術消化器内視鏡検査・手術(1)上部消化管内視鏡検査・手術(EIS・EVL、食道・胃焼灼、食道・胃・十二指腸・大腸バルーン拡張、食道・胃・十二指腸ステント留置、食道・胃ESD、胃・十二指腸ポリペクトミー、胃・十二指腸止血術、PEG、イレウス管留置(2)下部消化管内視鏡検査・手術(ポリペクトミー、ESD、止血術、捻転解除、イレウス管留置)(3)膵胆道系内視鏡検査(乳頭切開、砕石術、ENBD、ERBD、ERPD、胆道鏡、膵嚢胞ドレナージ)超音波内視鏡検査(食道、胃、十二指腸、大腸、膵胆管)ダブルバルーン内視鏡(小腸、切除胃後ERCP)消化管透視下(造影)検査・手術EFチューブ、イレウス管、胃瘻交換、PTCD、膵嚢胞穿刺、食道・胃・小腸・大腸造影3.提供体制検査・手術月火水木金土9:00〜13:00GFGFGFGFGFGF13:30〜17:30CFERCPESDCFCF―※夜間・休日はオンコールによる緊急検査体制4.スタッフ構成消化器内視鏡センター医師五十嵐亨、横澤秀一消化器内科医師薄田誠一、山本智清、手島憲一、藤元瞳、安東直人(資格)・消化器内視鏡指導医2名・消化器内視鏡専門医3名・消化器内視鏡技師13名(看護師8名、臨床検査技師5名)6.相澤病院―182―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です