2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
177/484

6.実績主要項目2012年度2013年度総点数1,448,7001,816,980外来業績(月平均値)実施件数(件)実施単位数(単位)375732463917人員体制理学療法5名(実質)5.5名(実質)2013年度は、2名の増員行い専属スタッフを配置した。それによってスポーツ外来と兼務してきたスタッフの過度な業務量が適正化され、保険外でのメディカルチェックや運動指導業務も増加させることができた。保険外業務は下記①〜④である。主要項目2012年度2013年度保険外業務収入(円)院外業務体制2,592,0006名3,547,0006名①院内メディカルチェック②院外メディカルチェック③定期フォローアップ④院外研修会(相澤病院主催「積極的保存療法」実技研修会)院外研修会を2013年度は年間4回実施した。原則定員20名として2013年10月〜2014年1月までに合計4回を実施した。〈開催セミナー〉北信越ソフトテニス連盟競技者育成プログラム8月31日(青木啓成)菅野小学校PTA主催講演会11月11日(青井佳世子・坂本義峰ほか)ラジオ体操教室明科公民館11月29日(池田紫乃)第1回Jr.アスリートサポートプロジェクト1月19日(中日ドラゴンズ上田佳範氏)腰痛予防教室(安曇野地区)1月25日(織田薫)鎌田地区ママさんバレー障害予防教室2月9日(坂本義峰)7.学術・研修青木啓成.投球を契機に生じた尺骨神経障害の保存的治療経験.名古屋国際会議場,2013年5月24日,愛知県名古屋市児玉雄二.シンポジウム「成長期スポーツ障害の未来への提言」.幕張メッセ国際会議場,2013年11月3日,千葉県千葉市坂本義峰.腰椎分離症を有する成長期スポーツ選手の治療成績.幕張メッセ国際会議場,2013年11月3日,千葉県千葉市6.相澤病院―167―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です