2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
155/484

心臓病大動脈センターセンター長櫻井俊平1.ビジョン心臓病大動脈センターは心疾患、大動脈疾患などの循環器疾患に対し、適切かつ効率的なケアプランを提供すると共に、循環器系救急症例に対する緊急的な治療を提供する。2.サービス内容心疾患、大動脈疾患などの循環器疾患症例に対し循環器内科、心臓血管外科、心臓病リハセンターのスタッフと共に、看護師、臨床工学士、薬剤師、栄養士等の多職種によるカンファレンスを行い、各症例に対する集学的なケアプランを作成し、提供している。循環器系救急症例に対する緊急的な治療を積極的に実施している。3.構成循環器内科/心臓血管外科/心臓病リハセンター【循環器内科】1.ビジョン相澤病院は、急性心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷などの二次救急医療機関では対応できない重篤な患者に対して、高度な医療技術を提供する三次救急医療機関として、また高度救命救急センターを補完する役割を担う中信地区新型救命救急センターとしての機能を発揮する。急性心筋梗塞の急性期治療として、早期の血行再建療法の重要性が指摘されている。また、急性期に心室性不整脈や重症心不全に陥った症例に対しては、救命のために補助循環装置や緊急手術が必要となる場合もある。今後、循環器内科医師の増員を図り、常に循環器内科医が院内に待機して、救急対応が可能となる体制の構築を目指す。また、重症化した症例に対しては、速やかに心臓血管外科医師とのカンファレンスを行い、外科治療の可能性も含め治療方針を検討する。心臓血管外科領域では、今後ハイブリッド手術室を用いた血管内治療の発展が予想される。特に経皮経管的大動脈弁置換術(TAVR)では、画像診断やカテーテル操作について循環器内科医師の関わりが重要である。麻酔科医師、看護師、臨床工学士、放射線技師、臨床検査技師等とともにハイブリッド手術室チームの一員として新技術を積極的に導入していく。2.サービス内容・1992年から循環器内科医が常勤化し心臓カテーテル検査目的を開始。1994年から冠動脈形成術開始。2002年に心臓血管外科医が常勤化するとともに心臓病大動脈センターが開設され、心臓カテーテル検査件数、冠動脈形成術件数とも増加した。2009年から320列CTによる冠動脈CT撮影開始。・循環器内科では毎朝、症例検討会を行い、新規入院症例及び問題症例の検討を行っている。金曜日の早朝に心臓血管外科と合同カンファレンスを行い、冠動脈形成術施行症例および外科症例の検討を行っている。急性冠症候群症例に対しては、緊急的に冠動脈造影と冠動脈形成術による血行再建療法が施行出来る体制を維持している。急性の不整脈発作、心不全増悪症例に対しても緊急的に対応している。疾患の急性期から心臓リハビリテーションを積極的に行い、早期の離床と退院が可能となるよう介入を行っている。・対象疾患(対象症例は原則として16歳以上)虚血性心疾患、うっ血性心不全、弁膜症、不整脈、大動脈疾患、末梢血管障害、血圧異常、脂質異常症、肺高血圧症、深部静脈血栓症、感染性心内膜炎、心臓腫瘍、心筋症、成人先天性心疾患、心膜疾患、血栓塞栓症6.相澤病院―145―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です