2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
141/484

主要機器:(外来)診察ユニット2台診察用顕微鏡2台硬性内視鏡2セット軟性ファイバー3本(手術室)耳手術セット一式鼻内視鏡手術セット一式扁桃手術セット一式喉頭微細手術セット一式手術用顕微鏡1台顕微鏡テレビモニターシステム6.実績2011年度2012年度2013年度新入院数236名外来患者数新患777名再来3124名手術全麻128名局麻14名合計142名新入院数241名外来患者数新患614名再来2814名手術全麻118名局麻14名合計132名新入院数202名外来患者数新患622名再来2054名手術全麻121名局麻9名合計132名7.学術・研修(学会発表)坂口正範.当院における病診連携の取り組み.中信耳鼻科医会,ホテルブエナビスタ,2013年4月25日,長野県松本市坂口正範.頸部の嚢胞性腫瘤.第48回長野県耳鼻咽喉科医会総会,ホテル花月,2014年3月29日,長野県松本市小口智啓,坂口正範,小林克彦.頸部ガス壊疽,縦隔膿瘍,レミエール症候群を合併した扁桃周囲炎の一例.日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会第194回例会,信州大学附属病院,2014年3月30日,長野県松本市(座長)坂口正範.日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会第194回例会,第1群.信州大学附属病院,長野県松本市(論文)志摩温,坂口正範,菅沼和樹,鹿島健.輪状甲状靱帯切開によって救命し得た深頸部感染症の1例.耳鼻咽喉科・頭頸部外科85巻,715-718,2013年8月.6.相澤病院―131―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です