2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
121/484

外科センターセンター長田内克典1.ビジョン質の高いがん医療の提供と業務の効率化2.サービス内容がんの外科的治療を中心に、消化器外科・呼吸器外科・乳腺甲状腺外科・小児外科の各分野の専門医によるチーム治療を行っている。当科の方針として、入院前に手術術式別の病状説明用紙と詳細な入院治療計画書を患者に提示し、十分な説明と同意(インフォームド・コンセント)の上で治療方法の選択をして頂くこととしている。手術の低侵襲化を目指した腹腔鏡補助下胃切除や腹腔鏡補助下大腸切除術、その他の鏡視下手術(胸腔鏡下肺部分切除術・腹腔鏡下胆嚢摘出術・腹腔鏡下虫垂切除術・鏡視下甲状腺切除術)、患者の利便性を考慮した手術当日入院・日帰り手術など患者の希望に応じたオーダーメード医療を実施している。クリニカルパスの活用により入院から退院までの経過や入院費用が入院前に提示可能にとなっている。①対象疾患(年齢)消化器外科:(思春期から高齢者)食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門・肝・胆・膵・脾疾患・腹膜腹壁疾患呼吸器外科:(思春期から高齢者)・呼吸器疾患・縦隔腫瘍・胸壁腫瘍乳腺・甲状腺外科:(思春期から高齢者)・乳腺・甲状腺疾患小児外科:(小児・思春期)、ヘルニア・急性虫垂炎・尿膜管遺残②対象外疾患原発性肝癌、重症肝外傷、小児重症疾患3.構成消化器外科/呼吸器外科/乳腺甲状腺外科/小児外科医師数:19名(内訳センター長:1名統括医長:3名医長:4名医師:2名顧問:2名後期研修医:6名)4.外科センター会議毎月第2火曜日8:15よりセンター会議を開催した。5.主催カンファレンス術後検討会(月から金曜日8:30から)週間術前合同健康会(金曜日8:00から)SurgicalCPC(水曜日8:00から内視鏡病理検討会終了後)4/10胃GIST、GIST肝転移治療後4/17食道損傷4/24IPMT/浸潤性導管癌5/1バレット腺癌5/8胆嚢管癌、大腸癌肝転移5/15急性虫垂炎5/22下部胆管癌5/29大腸穿孔、汎発性腹膜炎6/5スキルス胃癌、CRT後直腸癌(CR)6.相澤病院―111―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です