2013年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
109/484

は救急患者とする(紹介患者も同様)このような救急患者などに対して、北米型ERのスタイルを取り、まず迅速に・的確に緊急度・重症度判定(トリアージの実践)を行い、その判定に基づいて必要な初期治療を素早く行う。3.提供体制勤務体制:日勤と変則勤務による2〜3人体制・日勤帯8:30〜17:15(勤務者:1名)・遅番勤務②番業務12:30〜21:10④番業務11:00〜19:404.スタッフ構成科長蛭田昭子常勤4名パート勤務1名院外資格保有者:・AHABLSプロバイダーコース受講4名5.主要設備・機器主要設備:・感染陰圧室1室・赤部屋5部屋(陰圧室1室)・黄部屋4部屋・緑部屋1部屋(10名)・診察室6室・カンファレンス室2室・DU室・リネン室1室・トリアージ室1室・モービルER1台(DMAT)・ドクターカー1台主要機器:・超音波診断装置3台・心電計2台・AED1台・DC3台・救急カート3台(1台小児用)・血圧測定器(血圧計)2台・ポータブルサチュレーション5台・自動血圧計6台・アネロイド血圧計1台・CO携帯モニター1台・携帯用気管支ファイバー2台・リテラ(薬剤管理装置)2台・携帯用超音波診断装置1台・血ガス機器1台・人工呼吸器オキシログ30001台・ジェルウォーマー1台・麻酔器1台・フクダ電子セントラルモニター2台、フクダ電子ベッドサイドモニター10台、子機10台・レベル1システム10001台6.相澤病院―99―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です