2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
93/382

・ヘルパー2級3名・医療事務2名*各種資格取得に向け現在も活動しているスタッフ多数。【ER事務課】課長向井知巳①概要救命救急センターに受診される患者を24時間、365日体制で対応している。地域の皆さんがいつでも安心して受診できるよう、スピーディーな受付を行い、直ちに診療が開始できるよう心掛けている。ER事務課は、受付部門と診療アシスタント部門の2つの部門から構成されている。受付部門の主な業務は、患者情報の登録、カルテの作成、医療費を算出する算定業務、入金を行う会計業務、ERの受診状況を調査する統計業務などがあり、その他に交通事故や労災で受診された患者へ診療後の流れを説明し、疑問や不安を解消できるようアドバイスも行っている。また警察が介入する診療も多いことから、警察の対応も行っている。このようにERを受診する患者が、円滑に受診できるよう細部の調整を行っているのが受付部門である。診療アシスタント部門では、診察中の患者の介助や、医師が処置を行う時の介助、また検査室やレントゲン室への案内など、医師の診療補助が主な業務となり、入院案内の説明及び診療書類の作成などの業務も行っている。このように診療中の患者に案内や診療の説明を行っているのが診療アシスタント部門である。(1)主な業務内容(Ⅰ)受付部門・受付業務(氏名、生年月日の確認、主訴の確認、保険証確認、カルテ作成)・算定業務(カルテ内容の確認、処置・検査等確認、診療行為の算定)・会計業務(入金処理、返金処理、保険変更)・統計業務(ER受診患者統計、救急車統計、ヘリ統計、CPA統計等)・案内業務(交通事故、労災の説明、検査・レントゲンの順路案内、その他)・モービルERドライバー業務(モービルERドライバー)(Ⅱ)診療アシスタント部門・診察中の患者の介助・医師の指示のもとで処置の介助・医師の指示のもとで検査の介助・次回受診予約についての説明・次回予約時の検査等についての説明・当日予約入院の受付、案内・情報提供書の入力(2)スタッフの構成(2012.4.1現在)課長1名事務職員14名診療アシスタント4名合計19名(3)勤務体制・事務職員:2交代制日勤帯8:30〜17:15(3名or4名)10:30〜19:15(1名)12:30〜21:15(1名)夜勤帯17:00〜8:45(通常2名、休日当番日3名)相澤病院―83―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です