2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
76/382

がん化学療法看護(がん放射線治療看護、腫瘍精神科外来看護兼務)4人(正職員)がん患者・相談支援1人(パート職員)診療アシスタント2人(パート職員1人派遣1人)(8)資格緩和ケア認定看護師1名がん放射線治療看護認定看護師1名相談支援センター相談員(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)1名リンパ浮腫指導技能者1名臨床実習指導者1名ELNEC-J指導者1名医療事務資格1名ICLS2名(9)勤務体制化学療法室、放射線治療(トモセラピー)、緩和ケア外来、院内緩和ケア支援チームラウンド、リンパ浮腫ケア、がん患者・家族相談支援、診療アシスタント平日(月〜金)8:30〜17:10(必要に応じ延長)②今年度の取り組みと成果(1)規程および運用の整備JCIの取得に向けてがん看護に関わる規程類および運用の再整備を行った。また、衛生面と安全性、業務の効率化等を考慮した中でスタッフステーション、ミキシングルーム、DU室を完全独立化し改築した。(2)バーコード認証システムの導入患者診察券に表示されているバーコード、生年月日を利用した患者認証システムを導入することにより、点滴等のより確実な実施、またオーダー実施入力が行えるようになった。(3)リンパ浮腫ケア入院および外来患者へ対するリンパ浮腫ケアの質向上を目指し、院内看護師、リハセラピストなどを対象に、リンパ浮腫の基礎知識およびセルフケア指導技術に関する勉強会を継続開催した。(4)がん患者・家族の集いおよび患者会への協力当院へ通院されるがん患者、家族により構成され、悩みや不安、個々の経験や生活の工夫などを自由に語り合い、互いに支え合うことを目的として、隔月継続開催しているがん患者家族の集いと、今年度より独立した乳がん患者会の運営等へ積極的に協力した。【腫瘍精神科】統括医長田丸恒実急性期病院で常に良質な医療を志向して機能的なチーム医療を展開するために、「サイコオンコロジー」の概念をがん診療場面に導入することを目的として精神神経科から分離する形で標榜替えを行った。腫瘍精神科が果たす役割を具体的に明示し、カンファレンスやcancerboardなどで関連部署にその機能を周知する活動を行った。臨床業務では、依頼件数は多くないが、紹介されたケースには必要な介入を行った。【放射線治療科】統括医長小田京太①概要(1)サービス内容6MeVX線を使用した強度変調放射線治療(IMRT)法による放射線治療画像誘導放射線治療(IGRT)法による位置照合相澤病院―66―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です