2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
74/382

13JFMC47付随研究StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験(付随研究)大腸癌14HERBIS-1BHER2陽性・測定可能病変を有さない進行再発胃癌に対するTS-1+CDDP+Trastuzumab(SPT)3週間サイクル併用療法第Ⅱ相試験胃癌15WJOG7011BWJOG7011Bアンスラサイクリン、周術期タキサン既治療のHER2陰性術後再発乳がんにおいて、エリブリンとアルブミン結合パクリタキセルを比較するランダム化比較第Ⅱ相試験乳癌16WJOG6510G付随研究KRAS野生型切除不能・進行再発大腸癌に対するPan-itumumab+Irinotecan療法ならびにCetuximab+Irinotecan療法の臨床効果と免疫・癌関連遺伝子多型との相関性に関する研究大腸癌17エレンタールがん化学療法による口内炎に対するエレンタールの効果についての第Ⅱ相試験化学療法施行患者18OGSG1102Intensivechemotherapy困難な切除不能進行・再発結腸・直腸癌に対するCapecitabine(カペシタビン)とBevacizumab(ベバシズマブ)併用療法の臨床第II相試験大腸癌19メンソレータムオキサリプラチンによる末梢神経障害発症に対する1.35%メンソール塗布予防効果についての第Ⅱ相試験化学療法施行患者20キュレル多施設進行再発大腸癌に対するcetuximab療法における皮膚症状に対するセラミドクリームのQOLにあたえる有用性および安全性についての多施設共同研究化学療法施行患者【看護科】科長上川晴己①概要サービス内容:がん集学治療センター看護科は、がん化学療法看護、がん放射線療法看護(強度変調放射線治療)、緩和ケア看護、腫瘍精神科看護、リンパ浮腫ケア、がん患者・家族相談支援、診療アシスタントからなる。(1)がん化学療法看護・化学療法科外来の診療介助に関する業務を行う・チーム間のコミュニケーションを円滑にし、他職種との調整を積極的に行う・科長、主任不在時の自部署における責任者代行を行う・チームメンバーに対して教育・指導を行う・外来化学療法を受ける患者に対するセルフマネジメント指導を行う・がん患者・家族の特徴を理解し、がん看護(化学療法、放射線治療、緩和ケア)における基礎的知識を用いた上で、根拠に基づいた看護実践を安全・確実に行う・看護アシスタント不在時の代行業務を行う・他部署におけるがん看護の質向上に向け、部署責任者または認定看護師と共に勉強会を開催し教育・指導を行う・センター主催研修会に関する業務を行う相澤病院―64―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です