2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
375/382

防災委員会委員長名川健一1概要危機管理体制の充実、院内体制の充実を図るため火災、地震対応の訓練を基本に戻り実施した。又、日々の院内体制の構えを確実のものにする方向で、定例、行事事前調整の委員会を開催し啓蒙活動等を実施した。【委員構成】委員長名川健一(総務部部長)副委員長岩垂優治(防火管理者)委員田多井克弘(管理事務部門副部門長)/丸山勝(危機管理課課長)/上條剛志(救護・災害医療センターセンター長)/金子秀夫(救護・災害医療センター主任推進役)/筒井孔五(救護・災害医療センター)/小山徹(救命救急センターセンター長代行)/松下光(健康センター事務部課長)/伊藤紀子(看護部院長補佐)/横山隆明(地域在宅医療支援センター事務部部長)/大下泰彦(病院施設管理課主任)/竹内剛志(病院施設管理課)2今年度の取り組みと成果年度当初に集団災害訓練と消防総合訓練を行政の予防実施週間に合わせて実施する方針で計画を行った。①出前消防訓練(参加者:慈泉会職員・関連業者職員計1,500名)②緊急連絡訓練7月29日(日)実施(参加者:慈泉会職員1,594名)③集団災害訓練9月2日(日)実施(参加者:病院職員・関連業者職員160名)④総合消防訓練(健康センターと合同で訓練)11月26日(土)実施(参加者:慈泉会職員・関連業者職員約160名)⑤関連施設消防訓練(事業体毎に消防訓練を実施した。)10月26日(金)保育所「Aiすくすく」消防訓練11月28日(水)第三ビル「地域在宅医療支援センター」消防訓練12月26日(水)ヤマサビル消防訓練(Aiショップふれあい・花やペタルプレイス・治験センター)これらの訓練の結果を基に今後も慈泉会の防災体制を強化していく。委員会―365―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です