2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
356/382

2012年度職種別採用者数(正職員)職種採用者数(名)職種採用者数(名)医師(交代医師含む)39臨床工学技士3看護師61管理栄養士5助産師1視能訓練士1保健師2介護福祉士13薬剤師8救急救命士3診療放射線技師3介護支援専門員5臨床検査技師11看護助手10理学療法士18社会福祉士3作業療法士7事務職員26言語聴覚士2その他6合計227名【人事企画課】人事制度に関する企画立案・改定並びに昇格や職群転換などの審査事務を行っている。人事制度は1997年に抜本的な改革を行い、年々修正を加えながら当会独自の形を築き上げてきた。2012年度の人事考課では一般職課題として初めて行動評価を導入した。また2013年度の目標設定において、従来の部署基本計画を発展させた「プロファイル」の策定に取組んだ。そしてJCIとも密接に絡み、社会的要請ともなっているハラスメント規程を制定し、職員からのメール又は書面での申出を可能とする仕組みを構築した。【研修課】選ばれる医療機関となるためには、質の高い医療の提供と、チーム医療の実践が必要不可欠であることから、1〜3年目の職員を対象とした合宿研修を開催し、横の連携強化を図ってきている。この部分での研修の成果を図ることは難しいが、若いスタッフの部署間のコミュニケーションの基盤作りにはなると考えている。また若い管理者も多い中、中間管理職の役割はきわめて重要であるため、科長・主任クラスを対象とした合宿研修を実施した。昨年度に引き続き統括医長も含め、チーム医療を行う上で、各職種がお互いを信頼し、尊重しながら医療を行うことができるよう、コミュニケーション強化を図った。他部署・他職種の管理者とのグループワークを行う中で、お互いに良い刺激となっている。2012年度の主な研修実績・新入職員集合研修(医師を除く、6日間)・新入職員フォローアップ研修(全職種、7月)・パソコン研修(レベルチェック・フォローアップ―入職者対象)・入職時ドクターズガイダンスⅠ・Ⅱ(入職医師全員、4月・7月・10月・3月)・中途職員集合研修(中途採用者、6月〜3月、各月1回、全8回)・CEOセミナー(医師・役職者、6月)・管理者研修(全職種統括者、美ヶ原温泉―合宿、6月・8月・9月)・主任研修(全職種主任、美ヶ原温泉―合宿、5月)・3年次リーダーシップ研修(美ヶ原温泉―合宿、11月)・3〜5年次リフレッシュ研修(松本市内―ソフトバレー大会、6月・10月)・2年次リフレッシュ研修(大町キャンプ―合宿、8月・9月)慈泉会本部―346―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です