2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
349/382

広報部部長塚本建三1概要地域住民や医療関係者に対して、信頼できる医療機関としての社会的評価を高めるため、慈泉会の各事業体が行う質の高い医療・介護・福祉の関連サービス、医療の質改善への取り組みなどを、各メディアを通して積極的に情報発信を行った。また2013年に診療が開始される陽子線治療の認知拡大を図り、プレスイベントの開催、特設サイトの公開など様々な広報活動を行った。【部署構成】部長1名(本部長兼務)課長1名事務員3名2今年度の取り組みと成果①広報活動実績2012年度は慈泉会の広報活動として、印刷物・ウェブサイトの制作、イベントの企画・運営を下記の通り行った。健康お役立ち講座実施(隔週月2回)広報誌あいあい発行(1月、3月、5月、7月、10月、12月)ロビーコンサート実施(7月28日、10月18日、12月15日)看護師採用合同説明会へのブース出展(2月〜8月)<2012年>7月1日キッズキッズブース出店(手洗い体験コーナー、モービルERの展示)7月6日年報発行8月1日伊勢の海部屋慰問8月4日松本ぼんぼんに参加・連の運営・制作(最優秀賞を受賞)9月1日リレーフォーライフ信州に参加、ブース出展職員213名参加、がん治療紹介、陽子線治療講座を実施9月27日陽子線治療センタープレス発表会・内覧会を実施60名のプレス関係者を招待、30以上のメディアで陽子線治療が掲載11月11日脳血管内治療センター10周年記念講演を実施(イベント運営・広報業務)250名来場。医療者向けの祝賀会も実施12月4日ER看護師募集ページを公開看護師求人サイトでリンクバナー、メール配信、雑誌広告も同時に実施12月5日陽子線治療センターの特設サイト公開<2013年>1月20日eValueでのイベント閲覧システムを開始2月25日JCI認証取得記者会見の実施2月27日職員向け陽子線治療講座実施(3月14日、22日にも実施)3月14日職員向け陽子線治療センター見学会実施(3月15日、16日にも実施)3月31日松本市介護・医療施設マップをウェブサイトで公開慈泉会本部―339―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です