2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
345/382

経営戦略部部長塩川建一1概要慈泉会及び各事業体のミッション・ビジョン達成に向け、2012年度事業計画を立てその達成への取り組みが経営企画部の最重要任務であることから、関係部署と緊密な連携をとりながら、それぞれの職員の協力のもと確実に達成できるように努めた。その結果、前掲の2012年度事業報告にもあるとおり、年度当初の計画にはなかった数多くの事業も含め、ほぼ計画どおり実行でき、且つ成果をあげられたと認識している。これは慈泉会職員の一人一人が明確な目的に向けて前向きに取り組んだ結果と考える。なお、経営企画部の各室及び「結(ゆい)」の主な活動報告は後掲のとおりである。【部署構成】経営戦略部;29名①戦略企画室;3名(兼任1名)②国際交流室;3名③秘書室;3名(兼任1名)④サービス付高齢者向け住宅「結」本庄;15名(兼任2名)⑤相澤デイサービス「結」本庄;10名(兼任6名)【体制】高齢者向け住宅「結」本庄日中住宅スタッフ1名訪問介護職員2名夜間夜勤(訪問介護員)1名宿直1名デイサービス「結」本庄介護職員3名なお、訪問介護職員、介護職員ともサービス提供時間外は住宅業務をサポートする。2今年度の取り組みと成果【戦略企画室】2011年6月の組織編成により、戦略企画室が経営戦略部に設置され、経営戦略の策定に関する業務や、事業計画に関する業務を中心に業務を行い、各部門との調整等を中心に活動している。2013年1月には、統計調査室と合併し3名体制になったことからも、マーケティング業務に力を入れ、経営戦略の策定を強化していきたいと考え、経営戦略部のスタッフ一同と研鑚を積み協働していく所存である。【国際交流室】国際交流室は、JCI認定(国際的医療機能評価認定)の取得に向けた取り組み、外国人患者への対応(通訳業務等)、外国人看護師候補者の募集と育成に関するサポート業務、経済産業省が主管する医療の国際化推進事業に関わる業務、および海外の医療機関の視察等への対応などが主な業務である。①JCI本審査の受審今年度は約2年半掛けて準備をしてきたJCI本審査を受審し、アメリカおよびパキスタンから計3名のサーベイヤーを迎え、2013年2月11日から15日までの5日間を掛けて審査が実施された。本審査慈泉会本部―335―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です