2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
292/382

医療評価委員会委員長宮田和信1概要本委員会は、予期せぬ合併症、予期せぬ再手術など診療情報から検討を要する症例を抽出して、医療技術上の問題、医療判断上の問題など、多職種が参加して評価を行い、必要な改善策を策定して実施し、その後の継続的な評価を通じて改善状況を確認する一連のアクションの中心的な役割を担い、医療の質の向上と、患者安全の向上を図ることを目的として設置している。【委員構成】委員長宮田和信(院長代行)副委員長菊池二郎(医療安全推進室特命推進役)委員田内克典(医療品質担当副院長)/樋口佳代子(教育研修担当副院長)/池田隆一(経営品質担当副院長)/薄田誠一(診療部内科系院長補佐)/小坂昌巳(看護部統括院長補佐代行)/金子秀夫(救急集中看護部門院長補佐)/星野淳一(医療技術部門院長補佐)/白澤吉哲(薬剤管理情報センター長)/小山明英(救命救急センター特命院長補佐)/大塚功(リハセラピスト部門院長補佐)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/矢野目英樹(栄養管理部門科長)/柳澤直樹(放射線画像診断センター技術部科長)/川上弥生(患者相談室メディカルコーディネーター)/倉田治全(医療安全推進室長)/荻無里千史(医療安全管理者)/研修医2名2今年度の取り組みと成果2012年度は、薬剤の疑義照会を巡り4月24日に開催した。相澤病院―282―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です