2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
288/382

②委員構成委員長久保田篤(慈泉会本部広報部課長)副委員長粟津原剛(慈泉会本部人事部人事課課長)委員赤羽茂康(病院事務部門総務課課長・掲示物・配布物検討小委員会委員長)/小松正紀(医療連携センター推進役)/小坂晶巳(看護部院長補佐)/椛島博彰(慈泉会本部経営戦略部特命推進役)/近藤鈴子(医療安全推進室推進役)/小田切範晃(医局長)/寺澤大治(慈泉会本部広報部事務員)③今年度の取り組みと成果2012年度は7月より月毎に開催し、次の事案についての協議を行った。(1)メディア露出の件数、ホームページのアクセス数のモニタリング(2)院内イベント閲覧システムの検討と導入(3)院内表示、院内モニターの見直し(4)市民向け公開講座関連(ダイレクトメール、出前講座、インターネット配信など)(5)看護師・医師募集の広報について(6)メディア掲載後の問い合わせ対応について【院内掲示物・配布物検討委員会】①概要病院内掲示物・配布物は、病院利用者に対する情報提供であり、施設案内表示や掲示物・配布物を分かり易く統一性をもたせるとともに、清潔感のある施設とすることを目的とし、掲示物・配布物に関し適正か審議および院内ラウンドによる不適切な掲示物・配布物の撤去と指導を行う。②委員構成委員長赤羽茂康(総務課長)副委員長飯塚敏之(外来医療事務課長)委員嶋口恭子(ふれあいメディカルセンター長)/鳥羽嘉明(入院医療事務課長)/岩垂優治(病院施設管理課長)/向井知巳(救命救急センター事務課長)/稲葉康則(がん集学治療センター事務長)/大津みえ子(4S病棟長)/櫻澤大輔(腎臓病・透析センター事務員)/小松正紀(医療連携センター推進役)③今年度の取り組みと成果2012年9月に広報委員会の下部組織として、院内掲示物・配布物検討小委員会が発足した。相澤病院掲示物規定の改定を行い掲示物・配布物を許可制とした。また、院内ラウンドにより未許可物の撤去を行った。2013年1月に広報委員会は対外的な活動を行い、この小委員会は院内の掲示物・配布物に関して審議することから、委員会へと格上げとなった。2013年1月に病院ミッション・ビジョン、個人情報保護に関する掲示等を全て張替えるとともに不要掲示物の撤去を行った。【臓器提供施設委員会】①委員構成委員会は次の委員により構成する。(1)臓器提供特命ディレクター(2)診療部統括院長補佐(3)診療部内科系院長補佐(4)診療部外科系院長補佐(5)看護部統括院長補佐(代行)(6)脳死判定チーム医師2名、臨床検査技師1名(7)長野県臓器移植院内コーディネーター3名(8)臓器提供対策本部事務局(病院事務長)相澤病院―278―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です