2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
282/382

歯科・口腔関連装置およびその附属装置:歯科口腔病センターサプライ関連装置:サプライ課上記以外の医療機器:ME課(2)戦略プログラム医療機器の新規・更新等導入時点検医療機器在庫管理医療機器保守点検医療機器修理依頼医療機器リコール対応医療機器不具合報告医療機器安全情報取扱い医療機器の研修(3)整備した管理計画および関連規程医療機器管理計画医療機器在庫管理手順医療機器保守点検手順医療機器の安全使用のための研修手順医療機器等リコール対応手順医療機器等不具合発生時の対応に関する手順医療機器等安全情報取扱いに関する手順医療機器修理依頼手順【危険物質安全委員会】①概要危険物質(放射性物質・化学物質・危険廃棄物)の在庫管理・取扱い・保管・使用・処理について、病院横断的にその品質の向上を図るために必要な事項を審議することを目的とする委員会である。②委員構成委員長田多井克弘(病院機能支援部門長・危険物質管理責任者)副委員長忠地花代(臨床検査センター副センター長)委員柳澤直樹(放射線画像診断センター放射線技師部門科長)/中野聡(臨床検査センター主任)/大下泰彦(病院施設管理課主任)/白澤吉哲(薬剤管理情報センター長)/矢ヶ崎昌史(ME課長)/栗田敬子(感染対策室主任推進役)③今年度の取り組みと成果危険物質の管理については、いままで病院としての統一した方針や手順に基づいた管理がされておらず、部署毎のローカルルールで運用されていた。JCIの受審を機に、病院としての危険物質管理の方針と手順を明確にし、患者や職員の安全を守るための体制作りを行った。本委員会では、危険物質管理の方針を定めた「危険物質と危険廃棄物の管理計画」に基づき、危険物質リストの整備・MSDS(化学物質安全性データシート)の整備・危険物ステッカーを作成し対象危険物質へ貼付するなど、危険物質の管理のためのルールを審議・立案し、施設安全会議の承認を得て手順書を策定した。今後は危険物質の定義の見直しを行うとともに、危険物質リスト・MSDSを日々アップデートするしくみを構築し、漏えいや被爆の際の対応をより迅速に行える体制づくりを行いたい。また、職員への教育体制についても充実を図りたい。【施設・設備管理委員会】①概要当院の施設・設備における改修・修理業務を、効果的かつ効率的に行うために必要な事項を審議する相澤病院―272―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です