2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
276/382

【オーダリングに関する委員会】①概要当委員会は、医師オーダの発行から実施までの規程の作成、修正、オーダリングに関する職員への周知、教育、オーダリング内容の審査、承認、モニターを所管する。②委員構成委員長菊池二郎(医療介護福祉安全推進部特命推進役)副委員長薄田誠一(診療部内科系院長補佐)委員宮田和信(診療部統括院長補佐)/田内克典(診療部外科系院長補佐)/八子武裕(卒後臨床研修センター副センター長)/北原淳(診療部整形外科統括医長)/常田由賀利(2S病棟病棟長)/小林美由紀(5A病棟病棟長)/石津美紀(外来看護科科長)/永原大輔(ICU病棟主任)/中野和佳(薬剤管理情報センター薬剤室室長)/伊藤隆哉(薬剤管理情報センター薬剤師)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/竹原恵(放射線技術科主任)/飯塚敏之(外来医療事務課課長)/丸山勇(情報システム部メディカルシステムグループ主任)/福田知佳(入院医療事務課事務職員)/太田隆(診療情報管理課)③今年度の取り組みと成果医師オーダ、オーダリングに関する各種規程、運用手順を作成、修正した。(「口頭指示・電話指示規程」、「相対的医療行為指示(医師指示)に関する規程」、「予測指示及び要確認指示運用手順」、「投薬指示運用手順」、「注射指示運用手順」、「医師指示運用手順」)病院共通、各科別の予測指示及び要確認指示の内容を審査、承認した。病院共通注射セットの内容を審査、承認した。医師オーダに関するe-Learningを作成し、医師が受講した。医師オーダに関するモニタリングを行った。【入院案内(冊子)に関する委員会】①概要常に当院の現状に則した冊子であるため、掲載内容に変更が生じる場合には速やかに審議・審査(確認)を行い、タイムリーな情報を提供していくことを目的として、2011年5月より入院案内(冊子)に関する委員会を発足させ、即時対応ができる体制を整備している。②委員構成委員長飯塚敏之(外来医療事務課課長)副委員長鳥羽嘉明(入院医療事務課課長)委員田内克典(診療部外科系院長補佐)/池田隆一(事務部門統括院長補佐)/嶋口恭子(ふれあいメディカルセンターセンター長)/小林美由紀(5A病棟病棟長)/竹内忍(3A病棟看護師)/近藤鈴子(医療安全推進室推進役)/藤原希美(入院医療事務課主任)/奈良井ちぐさ(医療連携センター事務職員)/向井知巳(ER事務課課長)/迫間雅子(広報部事務職員)/上條崇(総務課事務職員)③今年度の取り組みと成果今年度について、委員会規程10条に基づき、入院案内(冊子)に対する患者評価アンケートを実施し、入院案内を「より見易く」「より分かり易く」「より利用し易く」することを目的として実施した。集計結果等については別紙のとおりとなるが、今回のアンケート結果から全体評価は「4」ということであり、「ほぼ満足」との評価を頂いた。また、「テレビカード1枚で見られる時間数、冷蔵ロッカーの料金と場所、デイルームの利用時間などの記載が欲しい。」との要望があったため、早急に改善を実施した。なお、アンケート集計結果について、院外ホームページに掲載を行うとともに、アンケートに記載された意見についても併せて回答を掲載し、真摯に対応を行った。アンケート実施について相澤病院―266―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です