2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
272/382

な理由について疑義照会を行っている。査定率4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計外来0.230%0.202%0.222%0.181%0.120%0.107%0.156%0.109%0.753%0.746%0.282%入院0.180%0.079%0.023%0.015%0.057%0.113%0.108%0.049%0.124%0.194%0.096%全体0.194%0.115%0.083%0.065%0.076%0.111%0.123%0.067%0.302%0.344%0.150%【救命救急センター評価委員会】①概要社会医療法人財団慈泉会相澤病院(以下「病院」)は、救急患者に対する医療提供を行う上で、それにふさわしい能力を備え、構造・設備を有するとして、2005年4月1日に長野県知事より救命救急センターの認可を受けた。医療法に定める救命救急センターに係る基準に則り、病院が救命救急センターとしてその機能を十分に発揮するために、相澤病院委員会設置・運用規程に基づき、命救急センター評価委員会が設置された。委員会は病院長の諮問に応じ次の各号に掲げる事項を審議・評価し、その結果を答申する。(1)患者の受け入れに関する事項(2)病床の利用に関する事項(3)診療データ等の統計に関する事項(4)救命救急センターにおける教育に関する事項(5)その他救命救急センターの運営上必要な事項②委員構成委員長小山徹(救命救急センター長代行)副委員長許勝栄(卒後臨床研修センター長)委員宮田和信(診療部統括院長補佐)/田内克典(診療部外科系院長補佐)/薄田誠一(診療部内科系院長補佐)/金子秀夫(救急集中看護部門院長補佐)/池田隆一(事務部門統括院長補佐)/小山明英(救命救急センター特命院長補佐)/蛭田昭子(救命救急センターER看護科科長)/向井知巳(救命救急センターER事務課課長)/鈴木充(ICU・CCU病棟病棟長)/前相澤病院―262―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です