2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
270/382

(2)外傷チーム(Ⅰ)外傷勉強会の実施院内スタッフに対してICUの外傷係とタイアップして院内勉強会を2回開催。8月のJPTEC松本コース開催に際し、事前勉強会を3回実施。(Ⅱ)救急隊との症例検討会松本広域消防、北アルプス消防、木曽消防と合同で、当院へ搬送された傷病者の症例検討を2回実施。(2012年9月27日、2013年2月25日)1回目は院内へ搬送された後の経過について救急隊の方に知って頂くため、PT、OT、STの3職種からもプレゼンテーションを行い、搬送後の経過についてディスカッションを行った。(Ⅲ)JATECコース開催医師を対象にした外傷初期診療について2日間のコースを1回開催した。当院からインストラクター4名、12名がタスクとして参加。(10月5、6日)(Ⅳ)JPTECコース開催山岳医学会の医師を対象にしたプロバイダーコースを開催。(8月4日)長野県内医師・看護師・救急隊員を対象にしたプロバイダーコースを開催。(8月5日)長野県内の医師・看護師・救急隊員を対象にしたプロバイダー更新コースを開催。(2013年3月10日)(Ⅴ)長野県メディカルラリーの運営第7回信州病院前救急初療競技会(メディカルラリー)を松本短期大学の施設を借りて開催し、当院スタッフが参加した。(9月29日)相澤病院―260―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です