2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
233/382

医療安全推進室室長倉田治全1概要医療安全推進室は、患者の安全と医療の質の向上を図り、医療事故を未然に防止するため、先行的なリスク管理を行うことをビジョンとしている。業務としては、ニアミス・ミスに係る医療安全報告の収集・分析・評価及び改善活動、診療情報のスクリーニングに基づく改善活動、医療安全に関する職員向け研修の実施、医療事故等の情報収集と活用、患者・家族からの苦情や意見への対応、医療事故発生時の調査及び再発予防策の実施、迷惑行為や虐待への対応などを行っている。なお、「職員の安全・安心なくして、患者の安全・安心なし」との考え方に基づき、職員からの個別相談にも応じ必要な支援を行っている。【部署構成】室長1名特命推進役(医師が兼任)1名メディカルコーディネーター(薬剤師)1名推進役2名(うち1名は11月より)事務担当1名【体制】月〜金9:00〜17:40土・日・祝日は休日2今年度の取り組みと成果①医療安全報告書(ニアミス・ミスに係る報告書)内訳4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月計転倒151210251818161822132123211薬7914111516141726312130211注射141615161015141414192215184検査1092115171515111612821170チューブ類151016149131115101498144機器12101612121484911414126転落7696741141362015108情報伝達910871661451053497手術273347114158257処置43161111446537食事33212222314530記録112253231323麻薬11121221516説明・接遇221121110相澤病院―223―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です