2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
230/382

部署との調整を行いCEOに上申した。工事着工後においては、JCI審査に合わせ工事工程管理を行った。(2)届出医療においては定時報告・適時調査に対し、組織として対応できる体制の整備を行った。②庶務課としての取り組み庶務課が担当する常駐委託業者(清掃業者、食品業者、警備業者、電話交換業者)に対して、患者に安全で安心していただける良質なサービスを提供できるように、当院のビジョンや経営方針に基づいた業者の教育システムを構築した。【病児保育室】松本市の病児保育事業業務の委託として、当面病状の急変は認められないが、病気の回復期に至らない生後5カ月から小学校3年生までの児童で、集団保育及び勤務等の都合で家庭での保育が困難であり、かつ、松本市内在住又は市内に勤務している保護者の児童をお預かりしている。2012年度実績・病児保育利用登録者数446名・延べ利用者数494名【病院経理課】慈泉会全般にわたる現金出納管理、各種預金管理・取引先の債務管理・月次及び決算業務から法人税・消費税申告業務を行っている。①病院会計準則に則り、正規な簿記の原則、会計ルールに従い、適正な財務諸表の作成を心がけており、各事業体(相澤健康センター・地域在宅医療支援センター)への月次損益計算書も、より精度が高い報告が出来るようになっている。②社会医療法人財団慈泉会の2012年度償却資産申告書、法定調書、法人税申告書、消費税申告書の作成を行っている。③慈泉会本部財務部との連携により、不正防止にも比重を置き、内部統制のとれた会計処理を行えるようスタッフの教育、スキルのレベルアップを図っている。【購買管理課】購買管理課の主たる業務は価格交渉と発注業務である。購買管理課は、単に安いモノを購入するということではなく、ステークホルダーに対して相澤病院が目指すありようを説明して、良好な信頼関係を構築し、必要なときに必要なモノを最も良い条件で購入する一貫性のある交渉を実施している。価格交渉の対象は、慈泉会が購入する医療機械・器具備品・薬剤及び診療材料、その他消耗品を含めた物品の金額、建物の営繕修理工事金額や各種の保守契約・委託契約・リース契約の契約金額と多岐にわたる。①ミッション作成次の購買管理課ミッションを作成した。(1)私たちは、ステークホルダーに対して相澤病院が目指すありようを説明して、良好な信頼関係を構築し、必要なときに必要なモノを最も良い条件で購入する一貫性のある交渉をおこないます。(2)私たちは、薬剤と診療材料の採用について複数の視点と多面的な思考をして、関係する部署と協働し、患者さんと相澤病院の経済的な負担を減らします。(3)私たちは、継続的な価格交渉を通じて支払い資金を圧縮して、資金運用を効率化し、相澤病院の経営の質の向上に貢献します。②価格交渉と機器発注購買管理課が行った主要な価格交渉と発注は次の通りである。(1)大型医療機器・ガンマナイフパーフェクション一式・X線血管撮影装置デジタル(FPD)バイプレーンシステム一式相澤病院―220―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です