2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
208/382

ゾーニングを行ったことで、今までの業務工程とはまったく違う動きが必要になるため、エリアごとの業務工程表を作成して、業務を明確にした。また、業務手順書の見直しを行った。3学術・研修【学会発表】竹内剛志.デシカント空調機導入の効果検証について.第62日本病院学会,2012年6月22日,福岡県福岡市合葉英勝.院内内窓(樹脂サッシ)取り付け効果について.第62日本病院学会,2012年6月21日,福岡県福岡市相澤病院―198―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です