2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
206/382

物流管理課月曜日〜金曜日8:30〜17:40土曜日8:30〜12:50日曜日・祝日8:30〜12:20さわやかサポート課メッセンジャーチーム365日体制8:00〜22:00リネンチーム365日体制月〜土8:30〜17:10日曜日9:30〜13:20駐車場チーム月〜土(祝日除く)月〜金8:00〜18:30土曜日8:30〜12:00入浴チーム月〜土9:00〜12:30、13:30〜17:00支援チーム月〜金体制月〜金8:30〜17:10サプライ課月曜日〜金曜日8:30〜19:10土曜日・日曜日・祝日8:30〜17:102今年度の取り組みと成果【病院施設管理課】今年度はJCIの受審を機に、火災計画・ユーティリティ計画・施設安全計画の立案、モニタリングを実施し、療養環境・診療環境・勤務環境の整備、省エネルギー、火災対策に取り組んだ。①療養環境・診療環境・勤務環境施設の安全対策として、つぎの2点を実施した。(1)コンセントカバー設置による小児・児童の感電防止対策の実施(2)スロープへの雨除けの壁・滑り止めの設置②災害対策災害時に電気を7日間運転できるよう、コ・ジェネレーションの新規導入と、燃料タンクの設置を行い、非常時でも安定して電気の供給が出来るようになった。③省エネルギー冷温水器のクーリングタワーに熱交換効率アップの薬品を投入することにより、水とガスの使用量の削減に繋がった。④職員教育全職員が年2回の消防訓練に参加することを目標にして、新人職員研修(電気設備・防災講習)、中途職員研修(防災設備)、出前消防訓練、e-ラーニングを職員・委託業者を含め実施し、全従業員の参加率98%を達成した。【物流管理課】①救急カート管理方法の変更救急カートの配備品の欠品を防止するため、現場で使用された救急カートは物流管理課に返却し、使用された物品を補充し、封印した予備カートと交換する、「カート交換方式」に運用を変更した。また、全救急カート(一般用48台と小児用7台)について、カート内の配備品を標準化した。②倉庫の物品棚の入替え火災時の安全対策の為に天井(スプリンクラー)から50cm以上空間を確保し、感染対策上、床から15cm以下の高さに物品を保管しないようにするため、物品棚の入替えを行った。③医療材料の使用期限管理について医療材料の使用期限管理の強化を図るため、全部署で期限確認を3回実施した。12ヶ月以内に使用期相澤病院―196―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です