2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
191/382

藤森貴久.食道癌の嚥下障害―放射線療法と手術療法の比較から―.第13回日本言語聴覚士学会,2012年6月15日,福岡市丸山佳那子.長野県中信松本地域における脳卒中地域連携パスの現状と課題.第41回長野県理学療法学術大会,2012年7月1日,中野市召田宏樹.重症心不全における運動処方とリスク管理―大動脈弁置換術後に体内式ペーシング植え込み術を施行した症例―.第41回長野県理学療法学術大会,2012年7月1日,中野市堀田諭.訪問リハビリテーション実施計画書・報告書の内容・運用の検討―介護支援専門員に対するアンケート調査―.第41回長野県理学療法学術大会,2012年7月1日,中野市山﨑慎也.脳卒中慢性期にGaitSolution付短下肢装具への変更により歩容改善を認めた一例.下肢装具カンファレンス東京,2012年7月28日,東京都並木幸司.麻痺側上肢を日常的に使用させる方法.第3回マグネティックスティミュレーション研究会,2012年8月18日,岡山市高橋祐司.行動に伴う皮質脊髄の相反的な変化.日本行動分析学会,2012年9月1日,高知市古川正樹.行動に関与する皮質脊髄興奮性の評価方法.日本行動分析学会,2012年9月2日,高知市渡部宏幸.喚語困難な対象語の音想起は困難だが,モーラ数想起が可能な左中側頭回脳梗塞の一例語の回収時における効率化の一考察.第36回日本神経心理学会,2012年9月15日,東京都丸山邦彦.せん妄と高次脳機能障害を伴う重度片麻痺患者の理学療法の経験.第31回関東甲信越ブロック理学療法士学会,2012年9月16日,大宮市古木ひとみ.自宅退院したWallenberg症候群の一例.リハビリテーションケア合同研究会,2012年10月11日,札幌市貝梅由恵.低酸素脳症にて高次脳機能障害を呈した症例の在宅支援.長野県作業療法士協会症例検討会,2012年11月3日,中野市春日篤俊.排泄環境を調整して在宅復帰した一例.長野県作業療法士会症例検討会,2012年11月3日,中野市輪湖千夏.左視床出血にて流暢性失語を呈した1例.長野県言語聴覚士会中信地区勉強会,2012年11月16日,松本市渡部宏幸.新聞記者として復職が可能となった重度ウェルニッケ失語の一例.第36回日本高次脳機能障害学会,2012年11月23日,宇都宮市村山幸照.左視床出血後にコルサコフ症候群を呈した高次脳機能障害患者への認知リハビリテーションの試み.第10回日本臨床医療福祉学会,2012年11月24日,京都市谷内耕平.不安・呼吸困難の強い長期人工呼吸器管理症例に対し訓練実施回数表を用いた強化刺激により動作改善を認めた症例.第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,2012年11月24日,福井市丸山佳那子.DPC病院における脳卒中理学療法の実施量とADL改善率の分析.第9回日本理学療法士協会神経理学療法研究部会学術集会,2012年12月2日,新潟市大峡崇之.脳出血患者における離床開始時期の検討.第9回神経理学療法研究部学術集会,2012年12月2日,新潟市鵜飼正二.アテローム血栓性脳梗塞患者における離床開始時期の検討.第9回日本理学療法士協会神経理学療法研究部会学術集会,2012年12月2日,新潟市柴博之.A型ボツリヌス毒素投与で痙縮が改善し,NEURO15が可能となり,上肢機能の改善を認めた相澤病院―181―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です