2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
186/382

リハセラピスト部門部門長大塚功1概要患者の身体的機能改善、日常生活動作能力向上による早期回復・早期退院を目的に、中枢神経疾患・廃用性障害、整形外科・外科疾患および、内部障害系疾患患者に対するリハビリテーションを週7日間体制で提供する。自宅退院後の継続的な機能回復を目的とした、外来リハビリテーションの提供および、地域の高齢者・スポーツ愛好者などを含む地域住民の障害予防と健康増進に取り組んだ。【部署構成】部門理学療法士作業療法士言語聴覚士部門別合計運動器リハ部門23(1)10636(1)心臓・内科リハ部門18627脳卒中リハ部門232312(1)58(1)職種別合計64(1)3918(1)121(2)()内は非常勤スタッフ数【体制】①運動器リハ部門、②脳卒中リハ部門、③心臓・内科リハ部門、④ST部門・入院:月〜日(週7日間提供体制)・外来:月〜金(週5日間提供体制)2今年度の取り組みと成果月当たりの外来および入院患者数とリハ提供実績878,468点/月リハ診療報酬20件/月204件/月外来リハ診療料1外来リハ診療料23,281単位/月リハ単位数1,434人/月リハ延べ患者数①外来②入院総合実施計画書507.9件/月退院前訪問指導料3.2件/月初期加算4116.6件/月早期リハ加算10103.3件/月リハ診療報酬8,378,639点/月相澤病院―176―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です