2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
181/382

SCU病棟病棟長堀内陽子1概要脳卒中ハイケアユニットSCU(strokecareunit)は、2004年7月より開設。脳卒中を発症した患者を集中的に治療する脳卒中専門の病棟であるが、当院では脳卒中発症の患者のほぼ全ての受入れを行っている。また、神経内科疾患の重症患者や術後患者の全身管理を行っている。【部署構成】看護師18名(内病棟長1名主任1名育児短縮勤務1名パート1名)【体制】受け持ち方式を基に機能別看護方式を併用2今年度の取り組みと成果①年次計画「一過性脳虚血発作患者へ総合的な教育・指導を行う為に、看護師の仕事フロー図の作成を行い、どの看護師が一過性脳虚血発作患者を受け持っても同じ行動が出来るようなシステムの構築が行える」を目標に取り組みを行った。2012年1月〜7月までに一過性脳虚血発作で入院した全患者の既往歴・喫煙歴・入院時と退院時のADL状態などを確認し、どのような患者が一過性脳虚血発作で入院してきているか把握を行った。脳卒中ガイドライン2009の内容より教育・指導には何か必要であるか検討を行い教育・指導内容の必要項目について抽出を行った。上記を基に一過性脳虚血発作患者への教育・指導内容の明確化させ、いつ、誰が教育・指導を行うか決定させた。教育・指導を明確化させ、いつ、誰が指導していくか決定させた事で看護師が入院時から何をしていくのかわかるフロー図の作成を行った。フロー図の作成を行った事で一過性脳虚血発作で入院した患者への指導方法、タイミング、看護師がどのように動くのか明確となり入院時より教育・指導が可能となった。3学術・研修【学会発表】堀内陽子.脳卒中病棟看護師を対象とした専門的口腔ケアへの認識調査.第10回日本臨床医療福祉学会,2012年11月24日,京都府京都市【論文】櫻田浩.意識障害患者の意志表出への関わり.相澤医学雑誌相澤病院―171―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です