2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
179/382

5S病棟病棟長宮島誠1概要心臓病大動脈センターとして循環器内科と心臓血管外科からなる病棟であり、心臓病疾患・血管疾患患者の看護を行っている。【部署構成】病棟長:1名主任:1名看護師:26名(内パート5名)准看護師:1名病棟クラーク:1名【主な疾患】狭心症、急性心筋梗塞、心筋症、完全房室ブロック、急性/慢性心不全、不整脈、洞不全症候群、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、胸腹部大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症2今年度の取り組みと成果2012年度は、入院中に指導された内容が個別に反映されるような退院指導パンフレットを作成し、コメディカルの介入時期について見直しクリニカルパスに組み込み、他職種協働の退院支援を行える仕組み作りを目標に取り組みをした。具体的な取り組みとしては「心臓療養支援チーム」との協力で、患者に退院後のセルフケアを継続してもらうべく、患者用と医療者との「連絡ノート」を作成し運用を図った。また、病棟としても看護ケアカンファレンスやコメディカルカンファレンスの内容が退院後の患者の療養生活でも活かせるように循環器内科、心臓血管外科で使用するパンフレットの作成・見直しを行った。更にはそれぞれの専門職の介入時期についてクリニカルパスの見直し、および、新規作成を行った。これにより以前より計画的に他職種協働による退院支援が行えるような仕組み構築がされた。今後実践活用を進めさらなる充実を図っていきたい。相澤病院―169―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です