2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
171/382

3S病棟病棟長内山瞳1概要3S病棟は消化器病センターとして消化器科疾患及び内科疾患の患者を中心に内視鏡検査や内視鏡的処置を受ける患者の看護を行っている。ベッド数は61床あり3S1病棟(31床)と3S2病棟(30床)に分かれている。【部署構成】病棟長:1名主任:2名看護師:24名(パート含む)生活支援スタッフ:3名病棟クラーク:2名【体制】二交代制(3S1病棟・3S2病棟ともに各2人夜勤)【主な疾患】大腸腺腫・大腸癌・胃癌・食道早期癌(それぞれ内視鏡的切除を行う)・胃癌、胃・十二指腸潰瘍、膵炎、膵臓癌、胆石、胆嚢炎、胆道系悪性疾患(胆嚢癌、胆管癌)、肝炎、肝硬変、肝膿瘍、肝臓癌(肝動脈塞栓術・ラジオ波を行う)、食道静脈瘤2今年度の取り組みと成果今年度は入院患者に対して必要な情報収集・アセスメントを行い、患者や家族の意見を聞き、患者に必要な看護診断が立案され、看護が行えるという事を目標とした。取り組みとしては入院時に必要な情報収集が行えているか、アセスメントを基に必要な看護診断及び計画が立案され実施されているかをスタッフ自身に評価させ、管理者による他者評価とで比較を行い、不足している点や求められている点についてカンファレンスの中でOJTを行った。看護部全体での情報収集の方法の見直しがなされた事もあり、以前よりも情報収集・アセスメントが行いやすくなり、評価にもその効果が現れている。3学術・研修松本短期大学看護学科より看護学生の老年看護学実習、基礎看護学実習の受け入れを行った。松本看護専門学校より看護学生の成人看護学実習の受け入れを行った。相澤病院―161―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です