2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
169/382

また、患者・家族の気持ちを記載出来るよう、テンプレートを作成し、それを元に他職種と退院カンファレンスで検討し、医療者が同じ方向性で、患者が退院目標に沿った退院が出来る事を目標に患者・家族と関わった。以上の取り組みを一年間実践し、病棟看護師の退院についての意識が深まり、早期より個々に適した退院マネジメントに取り組めるようになった。さらに、看護記録に残すことが浸透したため、他職種も含め、チーム全体で患者や家族について情報共有することができ、よりスムーズに退院マネジメントが行えるようになった。相澤病院―159―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です