2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
141/382

日本神経学会専門医・代議員日本臨床神経生理学会評議員日本ニューロモデュレーション学会評議員日本認知症学会専門医日本てんかん学会評議員専門研修医道傳整2005年筑波大学医学部卒日本神経学会専門医2007年聖霊浜松病院卒後臨床研修終了2011年より相澤病院神経内科専門研修医佐藤宏匡2007年宮崎大学医学部卒日本神経学会専門医2009年相澤病院卒後臨床研修終了2009年より相澤病院神経内科2011年4月〜2012年3月国立精神・神経医療研究センター後期研修レジデント専門研修医丸野崇志2011年富山大学医学部卒2013年相澤病院卒後臨床研修終了2013年より相澤病院神経内科パート医師笹原悦子1998年富山大学医学部卒神経内科専門医神経内科外来日2012年4月〜月火水木金午前9時-12時橋本橋本午後14時-17時橋本橋本道傳道傳・佐藤②今年度の取り組みと成果(1)主な疾患脳炎、髄膜炎、脊髄炎/脳卒中/てんかん/多発神経炎、ニューロパチー/筋炎、重症筋無力症/パーキンソン病/認知症、アルツハイマー病/脳腫瘍/膠原病性神経疾患など(2)特殊治療定位脳手術(脳神経外科と共同)対象:パーキンソン病、振戦、ジストニア、舞踏病ガンマナイフ(ガンマナイフセンターと共同)対象:振戦ボツリヌス毒素局注療法対象:眼瞼けいれん、半側顔面けいれん、痙性斜頚、上肢下肢痙縮【脳血管内治療センター】①概要当センターは、2001年10月に設立された、我が国でも数少ない脳血管内治療を専門とする治療部門である。長野県随一の脳血管内治療実施施設として、インフォームドコンセントの充実、スタッフ教育の徹底相澤病院―131―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です