2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
135/382

岩川紘子,鈴木周一郎,伊坪敏郎,中村恒一,林正徳,内山茂晴,加藤博之,山崎宏,岩崎倫政,三浪明男.関節リウマチ肘に対するKudotype-5人工肘関節置換術の中期成績.第24回日本肘関節学会学術集会,2012年2月18日,新潟県長岡市山崎宏.橈骨遠位端関節内骨折の掌側ロッキングプレート固定における,関節鏡視下整復術と透視下整復術の比較.第55回日本手外科学会学術集会,2012年4月19日〜20日,神奈川県横浜市KitaharaJ,YamazakiH,KodairaH,SeinoS,AkaokaY.Therelationshipbetweenreductionandslidinginpertrochantericfracture1st.AOTraumaAsiaPacificscientificcongress&TKexpertsʼsymposium,2012.5.11-12,HongKong,China赤岡裕介,山崎宏,小平博之,北原淳,清野繁宏,原一生,松葉友幸.橈骨遠位端関節内骨折の掌側ロッキングプレート固定において,関節鏡下整復術は有用か.第85回日本整形外科学会学術総会,2012年5月17日〜20日,京都府京都市北原淳,山崎宏,小平博之,清野繁宏,原一生,赤岡裕介,松葉友幸.大腿骨頚基部骨折の治療成績―新ガイドラインに基づいた頚基部骨折の診断―.第38回日本骨折治療学会,2012年6月29日〜30日,東京都赤岡裕介,小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,鈴木周一郎,小松雅俊.テーパーウエッジ(TW)型ステム使用における術中X線撮影の有用性.第110回信州整形外科懇談会,2012年8月18日,長野県松本市小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,赤岡裕介,鈴木周一郎,小松雅俊.VANGUARDEQUI-FLEXを用いたmodifiedgaptechniqueTKAにおける大腿骨コンポーネント回旋設置角度の検討.第110回信州整形外科懇談会,2012年8月18日,長野県松本市二川隼人,赤岡裕介,北原淳,山崎宏,清野繁宏,鈴木周一郎,小松雅俊.遠位固定型セメントレスステムを用いて人工骨頭置換術を行った大腿骨転子部骨折の1例.第110回信州整形外科懇談会,2012年8月18日,長野県松本市鈴木周一郎,山崎宏,北原淳,小平博之,清野繁宏,赤岡裕介,小松雅俊.上腕骨近位端骨折術後に腋窩動脈閉塞を認めた1例.第111回信州整形外科懇談会,2013年2月16日,長野県松本市【講演】北原淳.大腿骨近位部骨折への当院の取り組み.大北医師会,2013年1月15日,長野県大町市【座長】北原淳.第4回VHJスパインセミナー,2012年12月15日,東京都港区北原淳,第4回ShinshuFractureForumforYoungDoctors,2012年11月3日,長野県松本市相澤病院―125―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です