2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
134/382

ら家族へ情報提供を行っている事が、本人や家族の退院後の生活を描きやすくしているためと考える。3学術・研修【学会発表】小林勇矢,山崎宏.高齢者の橈骨遠位端関節内骨折における術後回復の特徴.第29回中部手外科研究会,2012年1月28日,長野県松本市YamazakiH.EarlyMobilizationFollowingOne-StageTendonGraftingForNeglectedInjuriesofTheFlexorTendonInChildren.The9thCongressofAsianPacificFederationofSocietiesforSurgeryoftheHand(APFSSH),2012.10.10-13,Bali,Indonesia赤岡裕介,小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,鈴木周一郎,小松雅俊.テーパーウエッジ(TW)型ステム使用における術中X線撮影の有用性.第119回中部日本整形外科災害外科学会,2012年10月5日〜6日,福井県福井市小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,赤岡裕介,鈴木周一郎,小松雅俊.側臥位THAにおけるカップ外方開角決定の工夫―術前レントゲン撮影を用いて―.第119回中部整形災害外科学会学術集会,2012年10月5日〜6日,福井県福井市YamazakiH,KitaharaJ,KodairaH,SeinoS,AkaokaY.Reductionusingtheexternalfixatorversusarthroscopicreductioninthetreatmentofintra-articularfracturesofthedistalradius.The13thBiennialConferenceInternationalSocietyforFractureRepair(ISFR),2012.11.6-9,Kyoto,JapanKitaharaJ,YamazakiH,KodairaH,SeinoS,AkaokaY.Therelationshipbetweenreductionandslidinginpertrochantericfracture.The13thBiennialConferenceInternationalSocietyforFractureRepair(ISFR),2012.11.6-9,Kyoto,Japan山崎宏,小松雅俊.異所性骨化切除後の充填にRadialarteryperforatoradipofascialflapを使用した1例.第39回日本マイクロサージャリー学会,2012年12月8日,福岡県北九州市小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,赤岡裕介,鈴木周一郎,小松雅俊.Stovepipecanalに対するウッドペッカーラスピングシステムを用いたTaperWedge型ステムの初期固定性の検討.第39回日本股関節学会学術集会,2012年12月7日〜8日,新潟県新潟市小平博之,北原淳,山崎宏,清野繁宏,原一生,福井公哉,赤岡裕介,松葉友幸.側臥位THAにおけるカップ外方開角決定の工夫―術前レントゲン撮影を用いて―.第109回信州整形外科懇談会,2012年2月11日,長野県松本市松葉友幸,山崎宏,保坂正人.小児上腕骨外側顆骨折の治療成績と合併症の検討.第24回日本肘関節学会学術集会,2012年2月18日,新潟県長岡市相澤病院―124―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です