2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
123/382

ムーズに運営可能な状況となった。手術症例の多様化に対応するため、新たに、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術を定期的に行うことの出来る体制を整え、腹部大動脈瘤だけではなく、2012年には、胸部大動脈瘤に対してもステントグラフト挿入術を開始した。その他、低侵襲手術として、人工心肺を使用しない心拍動下冠動脈バイパス術は、予定手術の第一選択とし、血行動態の安定した急性冠症候群症例に対しても全例に施行可能であった。心臓血管外科での手術成績の向上は、このような低侵襲手術や、新たな手術方法を積極的に導入するだけでは、その目的は達成することは難しく、循環器内科との連携は言うまでもなく、麻酔科、臨床工学師、看護スタッフなど様々な職種とのグループ診療の充実が必須と考えている。②今年度の取り組みと成果今年度は、今後、更に低侵襲化の方向に手術方法が進む傾向に対応するため、ハイブリッド手術室を2014年5月稼働の方針とし、建設を行うこととなった。また、前述の如く、患者主体の診療を行うため、グループ診療、チーム医療を循環器内科および他職種との連携をさらに密にし、行う方針としている。2012年の診療実績は、151例の手術を実施した。その内訳は、虚血性心疾患:32例弁膜症:46例胸部大動脈疾患:26例大動脈解離:11例非解離性胸部大動脈瘤:15例(胸部ステントグラフト挿入中3例を含む)その他心臓手術心臓腫瘍:2例収縮性心膜炎:1例末梢血管:30例腹部ステントグラフト挿入術:18例腹部大動脈人工血管置換術:7例四肢急性動脈閉塞:3例末梢動脈瘤末梢血管バイパス術:各1例その他の手術(心嚢ドレナージ、下肢静脈瘤など)3学術・研修櫻井俊平.興味あるペースメーカー埋め込み症例について.第216回松本循環器カンファレンス,2012年4月17日1)循環器内科2)内科3)放射線治療科:○樋口智子1),西山茂樹1),羽田健紀1),荻原史明1),鈴木智裕1),櫻井俊平1),北澤勉2),小田京太3)永久ペースメーカー植込み患者の左肺尖部肺癌に対しTomotherapyを施行した一例.第27回日本不整脈学会学術集会,2012年7月5日臨床研修医遠藤明子,循環器内科:西山茂樹,樋口智子,植木康志,麻生真一,鈴木智裕,櫻井俊平.特発性冠動脈解離(SCAD)による急性心筋梗塞に対し,急性期に冠動脈形成術を施行した一例.中信循環器懇話会,2012年6月5日循環器内科:植木康志,樋口智子,西山茂樹,麻生真一,鈴木智裕,櫻井俊平.Bi-directionalapproachにて血行再建に成功した閉塞性動脈硬化症の一例.中信循環器懇話会,2012年10月5日循環器内科1),心臓血管外科2),病理科3)○野口紘幸1),鈴木智裕1),植木康志1),樋口智子1),西山茂樹1),麻生真一1),櫻井俊平1),山浦一宏2),相澤病院―113―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です