2012年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
115/382

<今年度新しく取り組んだこと>・登録医との勉強会を開催した。・登録医からご紹介いただいた症例について中信耳鼻科医会、長野県耳鼻科医会、信州耳鼻咽喉科臨床問題研究会で報告した。3学術・研修【論文】市瀬彩,坂口正範,岩崎聡,宇佐美真一.治療に難渋した喉頭悪性線維性組織球腫の1例.耳鼻咽喉科・頭頸部外科,84:385-388,2012【学会】坂口正範.登録医の先生方からご紹介頂いた症例の検討.中信耳鼻科医会,2012年11月28日,長野県松本市志摩温,坂口正範.欠損が小さく診断に難渋した耳小骨奇形の1例.第190回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会,2012年12月9日,長野県松本市坂口正範.当院で経験した種々の唾石症症例.第8回信州耳鼻咽喉科臨床問題懇話会,2012年12月20日,長野県松本市坂口正範.診断に苦慮した悪性腫瘍症例の検討―ご紹介いただいた症例を中心に―.第47回長野県耳鼻咽喉科医会総会,2013年3月9日,長野県松本市志摩温,坂口正範,菅沼和樹,鹿島健.輪状軟骨靱帯切開によって救命し得た深頸部感染症の1例.第191回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会,2013年3月31日,長野県松本市【座長】坂口正範.第190回日本耳鼻咽喉科学会長野県地方部会例会,第2群.2012年12月9日,長野県松本市坂口正範.第8回信州耳鼻咽喉科臨床問題懇話会,症例検討.2012年12月20日,長野県松本市相澤病院―105―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です