社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
365/390

2011年8月20日丸山和也第7回SSユーザー会「電子カルテサーバー仮想化について」2011年10月29日深澤雅規第53回全日本病院学会「福祉施設を取り込んだ地域連携のためのシステム構築」2011年10月30日原衡和第53回全日本病院学会「カルテ型診療情報連携からタイムライン型(時間軸型)診療情報連携へ」2011年11月12日上野秀斗アライドテレシス医療ユーザー会「院内稼働から始まり、地域医療へ展開する電子カルテシステムのご紹介」2011年11月12日丸山和也アライドテレシス医療ユーザー会「院内システムについて」2011年11月12日熊井達アライドテレシス医療ユーザー会「カルテ型診療情報連携からタイムライン型(時間軸型)診療情報連携へ」2011年11月22日山崎愛第8回MIRF公開討論会「福祉施設に於ける地域連携のためのシステム構築」2011年11月22日熊井達第8回MIRF公開討論会「診療継続を前提とした診療情報連携システムの構築」(熊井達)総務部1.概要・スタッフ構成平成23年6月1日付けで慈泉会組織の改定に伴い、慈泉会本部総務部を設置して総務課、危機管理課、人事企画課の3課で構成され、幅広い守備範囲となった。慈泉会全体のガバナンスを考え、各事業体との連携を考慮した規程体系の設定や指導体制を確立しようとしたものである。総務課は固定資産関係全般、規程の改廃、他渉外業務を中心に業務を行い、関連事業の管理も担当した。(Aiショップふれあい、Aiマート、Aiすくすく)危機管理課は、東日本大震災を受けて、危機事象への対応の検証(地震、システム障害、ライフライン等)及び災害訓練の実施検証等を行った。人事企画課は、人事制度に関する制度設計や人事考課・昇格審査等を担当し、会全体のスムーズな運営を企図したが、反省点の多い1年となった。スタッフ部長、課長3名、スタッフ6名、パート6名2.今年度の取り組みと成果①職務分掌・職務権限表の整理慈泉会本部―349―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です