社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
363/390

財務部1.概要・スタッフ構成平成23年6月1日付けで慈泉会組織の改定に伴い、慈泉会本部財務部を設置して副部長、推進役の3名の体制で業務運営を実施した。従来の財務部を本部財務部と病院経理課に分離して、財務部は資金計画、運用、予算案の作成予実管理、固定資産の管理等の業務、病院経理課は現預金の受け払い、買掛金支払、決算書作成等の実務を中心とした業務に変更した。スタッフ財務部のスタッフは3名。2.今年度の取り組みと成果①固定資産の実在性に関してパソコンの実査が終了し、正確性が増したことと、情報システム部との連携によりソフトウェア資産の正確性も格段に向上した。②業績は非常に好調に推移し、医業収益は17,547百万円、対前年比103.9%、医業利益484百万円を達成した。(名川健一)情報システム部1.概要・スタッフ構成現在男性7名、女性1名の部署。今年度の中心業務は、BCP対応で大阪のデータセンターにオーダリング・電子カルテシステム・人事システム・経理システム・文書管理システムのデータバックアップ環境を構築する。また、オーダリング・電子カルテシステムのサーバー仮想化を行う。当院は、ネットワークに接続されている2000台強の機器を所有していると共に、医療連携ネットワーク接続(約130施設)も行なっており、院内外のトラブル対応や、院外接続先からの問い合わせにも対応している。更にタイムライン診療情報連携システムをNTTとで共同開発、クラウド型画像情報共有システムをキッセイコムテックと共同開発、オーダリング・電子カルテシステムの仮想環境構築試験をDELL・ソフトウエアサービスとで行う。2.今年度の取り組みと成果OSG(オープンシステムグループ)2011/04持ち込みCD取込システム導入2011/05電子カルテサーバー仮想化2011/05大阪データセンターバックアップサーバー構築2011/06キッセイコムテック株式会社製PACSサーバー導入2011/06開業医公開用PACSサーバー更新2011/06SECOM入室管理システム導入2011/10日立ブレードPC導入2011/10給与明細Web参照導入慈泉会本部―347―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です