社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
360/390

○その他所管不明、未定事項の対応部署検討、指示に関すること○慈泉会役員会・評議員会の事務局に関すること○保健所・県健康福祉部・広域消防局等、渉外に関すること○QI委員会、データ管理小委員会事務局○GHC窓口、VHJのDPC分科会窓口2.今年度の取り組みと成果平成23年6月の組織編成により、戦略企画室が経営戦略部に設置され、経営戦略の策定に関する業務や、事業計画に関する業務を中心に業務を行い、各部門との調整等を中心に活動している。平成24年度には、マーケティング分析業務に力を入れ、経営戦略の策定を強化していきたいと考え、経営戦略部のスタッフ一同と研鑚を積み協働していく所存である。3.学術・研修《学会発表・講演・座長》1.平成23年9月10日QIPワークショップ講演;椛島博彰「相澤病院におけるDPCデータ活用の実際」2.平成23年9月23日広島医療事務協議会講演;椛島博彰「デキる診療情報部門の作り方」3.平成24年1月23日社会医療法人河北総合病院講演;椛島博彰「事務職ができる医療の質向上への貢献」4.平成24年2月18日DPC協議会講演;椛島博彰「DPC病院事例を通して考える今回の改定への対応」5.平成24年3月19日全国医事研究会座長・講演;椛島博彰「診療報酬改定について(DPC)」6.平成24年3月24日日本マネジメント学会長野支部医事・診療情報管理分科会座長;椛島博彰「2012年診療報酬改定」《投稿等;雑誌掲載》1.平成23年7月20日第2432号医療タイムス「医療情報の活用と課題」2.平成24年1月号第60号GLOBALHEALTHMONTHLYREPORTDPCの現場からNo.1「時代の変化と情報の重要性」3.平成24年2月号産労総合研究所医療アドミニストレータークローズアップ「慈泉会本部経営戦略部期待されるメディカル・クリエイティブ・チームの活躍」(椛島博彰)●統計調査室●統計調査室1.概要・スタッフ構成慈泉会の経営管理に関するデータの作成・管理・分析。慈泉会の運営状況の実態を計数的に把握し、経営指標として体系的且つ迅速に提供すること、また指標を分析した結果を基に問題を提起することにより、会の健全な運営に資する部署として活動している。スタッフ:2名体制活動報告―344―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です