社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
358/390

外国人患者さんへの対応外国人患者さんへの対応としては、主な業務は英語または中国語の通訳業務であった。平成23年度の通訳依頼状況を以下の表1に示した。外国人看護師候補者について平成23年度は、EPA看護師候補者としてインドネシアから来日していた候補者1名が長野県内で初の看護師国家試験に合格した。また、今年度はEPA看護師候補者として、新たにフィリピンから1名候補生を受入れ、看護師国家資格の取得に向けた研修が11月から当院にて開始された。今年度は、中国廊防市から看護師を目指して来日している留学生が2名国家資格に合格し、合計8名の中国人看護師が当院で勤務する形となった。海外との医療機関との対応平成23年8月にタイ王国バンコク市内にあるバンコク病院と相互患者紹介の提携を結んだ。表1:平成23年度通訳依頼状況対応言語国籍人数滞在状況の内訳主な診療科中国語中国22在住者22名小児科/産婦人科/泌尿器科/外科/内科/ER英語アメリカ1在住者1名耳鼻咽頭科イギリス2在住者1名/旅行者1名泌尿器科/内科オーストラリア3旅行者3名ER→整形外科チベット1旅行者1名産婦人科ブラジル1在住者1名産婦人科ハンガリー1在住者1名泌尿器科ロシア語ロシア1旅行者1名ER→整形外科合計32在住者27名/旅行者5名(熊﨑博司)●サービス付き高齢者向け住宅「結」本庄相澤デイサービス「結」本庄●サービス付き高齢者向け住宅「結」本庄相澤デイサービス「結」本庄1.概要・スタッフ構成「結」本庄は、平成23年11月30日に新築竣工した新たな施設で、相澤病院の退院が可能となっても独居や老々介護等の理由でご自宅に帰れない、また施設等に空きが無く退院できない高齢者の入院患者さんに安心して暮らしていただける住居として、サービス付き高齢者向け住宅「結」本庄と高齢者向け住宅「結」本庄の入居者や相澤病院近隣住民の利用者の交流の場として、高齢者向き住宅とデイサービスの2施設を一体として管理、運営している。○サービス付き高齢者向け住宅「結」本庄サービス付き高齢者向け住宅は「結」本庄の2、3階に1ルームタイプ38室、1LDK2室、2LDK2室合計42室サービス付き高齢者向け住宅のサービスとして活動報告―342―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です