社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
354/390

年6月2日に慈泉会図書室利用規則ならびに図書室利用細則を制定した。平成21年10月1日に図書室管理細則を制定した。平成20年4月に図書室をE棟2階に移転した。平成23年8月に慈泉会図書委員会ならびに慈泉会雑誌委員会を解消し、図書情報センター会議を新設した。スタッフ図書情報センター長:相澤徹事務職員:新明香恵2.今年度の取り組みと成果①図書情報センター会議の開催第1回:平成23年9月21日第2回:平成23年10月4日②相澤病院医学雑誌の発行③定期購読雑誌の見直し④既存の図書・雑誌の分類配架整備と保管⑤規定に基づく医学雑誌の廃棄⑥図書室の利便性の向上(スキャナの購入)⑦日本病院ライブラリー協会へ機関会員として入会3.学術・研修第8回長野県医学図書ネットワーク定例研修会(12月10日)主催:長野県医学図書ネットワーク(相澤徹)事務部1.概要・スタッフ構成1)概要医学研究研修センターにある、各センター(卒後臨床研修センター、専門医研修センター、医学研究センター、治験センター、図書情報センター、相澤シミュレーションセンター)に係わる院内、および対外的(特に外部研修病院、行政当局等)な業務を行っている。特に研修医の活動をサポートし、臨床研修(初期および専門医コース)が円滑に進められるための支援業務を行っている。また、当事務部は臨床研修倫理審査委員会および治験委員会等の事務局でもある。2)スタッフ部長:金井浩三主任:新明香恵事務員:伊沢翔子、丸山実華(H24.1.1付け採用)2.今年度の取り組みと成果○多くの研修医を採用するために、全国で開催された病院説明会(レジナビフェア等)に積極的に参加し、前年よりも多くの病院見学者を迎えた。また、相澤病院独自の病院説明会を信州大学、山梨大学、および富山大学の医学生対象に開催、さらに信州医療ワールド夏季セミナーなどを通して多くの病院見学者を迎えた。説明会のブース来訪者および病院見学者に対しては、きめ細かなフォローを実施してきた結果、病院見学者は合計65名であった(昨年度活動報告―338―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です