社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
347/390

医学研究研修センター1.概要・スタッフ構成概要本センターは医学研究センター、卒後臨床研修センター、専門医研修センター、相澤シミュレーションセンター(ASC)、治験センター、事務部ならびに図書情報センターを統括する。臨床研究の促進、卒後臨床研修の管理・運営、専門医コースの管理、外国人医師の受入・管理、相澤シミュレーションセンター運営業務、治験業務、相澤病院医学雑誌編集等の業務を担当する。統括する会議・委員会は慈泉会相澤病院臨床研修管理委員会、相澤病院臨床研修試験委員会、相澤病院医学雑誌編集委員会、治験審査委員会、臨床研究倫理審査委員会、外国人医師臨床修練制度運営委員会、ASC運営会議、医学研究研修センター運営会議、医学研究研修センター経営会議、卒後臨床研修センター会議、指導医会議、臨床研修責任者会議、専門医コース責任者会議等である。当院臨床研修の一層の充実を図るために、新年度からの医学研究研修センターの組織変更に取り組んできた。スタッフ医学研究研修センター長小林茂昭医学研究研修センター長補佐金井浩三医学研究研修副センター長橋本隆男医学研究センター長橋本隆男(兼任)卒後臨床研修センター長許勝栄(兼任)卒後臨床研修副センター長八子武裕(兼任)、山本智清(兼任)図書情報センター長相澤徹(兼任)相澤シミュレーションセンター責任者菊池二郎(兼任)治験センター長小林茂昭(兼任)事務部部長金井浩三(兼任)事務部事務員新明香恵(主任)、伊沢翔子、丸山実華2.今年度の取り組みと成果各部署のより充実を図る。特に卒後臨床研修医のフルマッチングを達成すること。取り組みの詳細ならびに成果は、各部署の報告を参照。3.学術・研修各部署の報告を参照。(小林茂昭)―331―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です