社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 16
344/390

様々なニーズに応えられるようサービスの質の向上を図るために、研修会への積極的な参加を促し、部署内での勉強会や症例検討会を定例化し、またセンター内他職種合同のカンファレンスも実施している。昨年度から電子カルテを導入し、情報共有やスムーズな連携に有効利用できるよう取り組んでいる。今年度、地域住民や医療・介護サービス機関に、地域在宅医療支援センター塩尻や各種サービス内容および利用方法を知っていただくために、広報誌�ひまわり通信�を秋・冬2回発行し、2月に地域住民向けの講習会�わかりやすい介護保険�を行った。今後も定期的に広報誌を発行し、講習会も実施する予定である。�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(山﨑優子)活動報告―328―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です